TOP > 試合結果個別

【Road to ONE】小野島恒太が山本聖悟に判定勝利

2021/10/05(火)UP

『Road to ONE: 5th Sexyama Edition』
2021年10月5日(火)東京・TSUTAYA O-EAST 

▼第4試合 バンタム級MMA
小野島恒太(Combat Workout Diamonds
判定3-0
山本聖悟(フリー)

 小野島は元修斗環太平洋ランカーで2009年3月デビューのベテラン。前戦となった2021年5月の一條貴洋戦では判定勝利している。対する山本はDEEP、GRACHAN、HEAT、PXCなど様々なリングで試合を重ねてきた。前戦となった7月のDEEPでは藤田大和にTKO負け。

 1R、中央で構える山本は積極的に右の蹴り。小野島はパンチ連打を出しながら組み付いて金網に山本を押し込む。いったん離れると、小野島は大振りの左右フックを振り回して2度も尻もちを付かせて優勢を印象付けた。

 2Rも、左右フックを振り回す小野島が前に突っ込んでいき、山本を金網に押し込みながら豪快にテイクダウン。サイドポジションを取った小野島だが、山本は立ち上がってスタンドの展開へ。その後も、小野島がしつこく組み付いてテイクダウンを狙う。終了間際に山本をテイクダウンした小野島がパウンドで削っていく。

 3R、小野島がプレッシャーをかけながらタックルを仕掛けて金網に押し付ける形でテイクダウン。脱出する山本は飛びヒザを小野島の顔面に見舞うが、構わず小野島は山本をテイクダウン。山本が立ち上がっても、小野島がガッチリ組み付いて山本の攻撃を封じる。最後まで小野島が抑え込む得意な形となり、試合終了。判定で小野島が勝利した。

●編集部オススメ

・『Road to ONE』10.5 試合結果 速報=青木真也ら参戦、秋山成勲プロデュース大会

・[この日の試合]青木真也、グラップリング戦でキャプテン☆アフリカと時間切れドロー、試合後マイクで秋山成勲に激怒のメッセージ

・[この日の試合]和田竜光が竹中大地にスプリット判定勝利、日本フライ級トップランカー対決を制す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」、「」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別