TOP > KO&一本 > 新着情報 > 試合結果個別

【UFC】カザフ女子新鋭アガポバ、電光石火の裸絞め一本勝ち!相手は苦悶の表情で即タップ

2021/10/10(日)UP

カザフ女子新鋭アガポバ、電光石火の裸絞め一本勝ち!@UFCより

WME-IMG
『UFCファイトナイト・ラスベガス39』
2021年10月10日(日・日本時間)米国ネバダ州ラスベガス

▼女子フライ級マッチ
●サビーナ・マゾ(コロンビア)
一本 3R53秒 ※リアネイキッドチョーク
○マリヤ・アガポバ(カザフスタン)

 アガポバはアメリカン・トップ・チームに所属する24歳のカザフスタン出身の選手。ロシア、中国、カザフの大会でキャリアをスタートさせ、6戦無敗のパーフェクトレコードで19年にダナ・ホワイト・コンテンターシリーズに出場も敗北。しかし、そこからINVICITA FCで2連勝しUFC参戦を果たした。現在UFC1勝1敗。MMA戦績は9勝2敗。

 対するマゾは、元LFA女子フライ級王者。名門キングスMMA所属でMMA9勝2敗の成績。前戦となる今年2月のアレクシス・デイビス戦で判定で敗れ、連勝記録が3でストップした。

 試合は1、2R、アガポバがバックハンドや左フックをクリーンヒットさせるなど精度の高いパンチの技術でマゾを圧倒。

 3R、両者のパンチが交差した中、アガポバの右フックがクリーンヒットすると、マゾが前のめりにヒザをついてダウン。すると、アガポバはすぐにバックをとり電光石火の裸絞め!

 苦悶の表情のマゾがすぐにタップし、アガポバがが勝利した。

▶︎次ページは、【動画】カザフ女子新鋭が電光石火の裸絞め一本勝ち!相手は苦悶タップ

●編集部オススメ

・『UFCファイトナイト・ラスベガス39』10.10 試合結果

・【動画あり】3分間90発以上の“パウンド地獄”KO!ヘビー無敗ロマノフが15連勝

・【動画あり】右オーバーハンドから怒涛ラッシュKO!三半規管を揺らす一撃に「美しい技だ」と元世界王者も絶賛=DWCS

・【動画あり】衝撃KO動画が満載!イーファイトの“KO&一本”特集ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > KO&一本 > 新着情報 > 試合結果個別