TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【ONE】引退覚悟のアンディ・サワーが無念のTKO負け、元K-1王者対決は豪腕グレゴリアンに軍配

2021/10/15(金)UP

TKO負けしたアンディ・サワー(右)©️ONE

ONE Championship
『ONE: FIRST STRIKE』
1015日(金・日本時間)シンガポール・インドアスタジアム

▼キックボクシング フェザー級ワールドグランプリ
〇マラット・グレゴリアン (アルメニア)
TKO 2R2分26秒 ※左ストレート
●アンディ・サワー(オランダ)

 グレゴリアンは-70kgで世界トップレベルの実力を誇る選手。2015年7月の『初代K-1 WORLD GP -70kg(現スーパー・ウェルター級)王座決定トーナメント』は3試合連続のKO勝ちで制覇。17-18年のKunlun Fightで開催された16人制の世界トーナメントでは、スーパーボーン・バンチャメーク(タイ)を1Rわずか29秒でマットに沈め優勝。

 19年5月にライバル関係にあったシッティチャイ・シッソンピーノン(タイ)とGloryライト級王座決定戦を争い判定勝利を収め王座獲得。KO勝利で防衛後、ONEに戦場を移し昨年12月にKOデビューを果たした。

 サワーは、現シュートボクシング世界スーパーウェルター級王者で、K-1 WORLD MAX 2005・2007世界王者でもあり、長く世界のトップに立っているキックボクサー。
 数々のタイトルを持つベルトコレクターで、キックボクシング・ムエタイを合わせ、17度の世界王座を獲得している。ONEでは勝ち星に恵まれず、2018年、19年と2度参戦したが連敗。しかし昨年の12月、中国の世界王者ジャン・チャンユを相手に完勝、復帰を遂げた。このトーナメントでベルトを獲れなければ引退を宣言しているサワー。背水の陣で臨む。

 1R、向き合うとグレゴリアンの方がかなり肩幅が大きい。思い切り右ストレートのサワー。しかし再び打っていったところにグレゴリアンがワンツー。これでサワーがダウン!グレゴリアンは立ったサワーをケージに詰めてアッパー、ボディなどパンチの連打。 
 サワーもその合間でパンチを返すが、グレゴリアンはしっかりガードを固めると強いパンチをコンビネーションで返す。ワンツー、アッパー、ボディからローも混ぜてグレゴリアンが攻勢、サワーはラウンドのほとんどをケージに詰められたまま過ごす。

 2R、右ストレートのグレゴリアンにサワーはワンツー、ヒザ。1Rと同じくガードを固めて圧をかけていくグレゴリアン。サワーのガードの隙間へアッパーを突き上げる。スピードのあるパンチを飛ばすサワーだが重さではグレゴリアンが上か、ショートのアッパーからローへ繋いで前へ出る。そしてサワーがジャブを打ってきたタイミングにグレゴリアンは左ストレート。これがカウンターで入りダウンを奪う!
 するとサワーは脚を痛めたか、座ったまま立ち上がれずにそのままレフリーがストップ。グレゴリアンが地力の違いを見せるKO勝利で元K-1王者対決を制した。

▶︎次ページは【動画】アンディ・サワーがダウン!グレゴリアンの強打を浴びる

●編集部オススメ

・10.15『ONE』ペトロシアンの王座戦、アンディ・サワーのWGPほか試合結果 速報

・【ONE】魔裟斗&武蔵のK-1レジェンド、今夜のペトロシアン&サワー戦を生解説!「サワーには頑張ってほしい」(魔裟斗)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 新着情報 > 試合結果個別