TOP > 試合結果個別

【RISE】大石健作が左で豪快KO、瑠夏は立ち上がるも再び後方に倒れる衝撃

2021/10/22(金)UP

大石が強烈な左をヒットさせる。

RISEクリエーション
『RISE 152』
2021年10月22日(金)東京・後楽園ホール

▼第3試合 ライト級(-63kg)3分3R
●瑠夏(L-REX/2017年RISING ROOKIES CUPスーパーフェザー級優勝)
KO 3R 1分35秒 ※左フック
○大石健作(TEAM TEPPEN/DEEP☆KICK-63kg 2位)

大石のミドルキックがヒット

 瑠夏は空手をバックボーンに右ストレートを武器とするファイター。2017年RISING ROOKIES CUPスーパーフェザー級優勝の実績を持ち、プロ戦績は12戦8勝3敗1分(6KO)と勝利した試合の多くはKOだ。

 対する大石は日本拳法をバックボーンに距離感と長いリーチから繰り出される左ミドルを武器にここまで8戦3勝4敗1分(3KO)の戦績。21年4月には山畑雄摩の持つDEEP KICKのタイトルをかけての再戦に挑んだが、判定負け。今回が再起戦となる。

瑠夏も反撃

 1R、大石がサウスポー。大石が強烈な左ミドル、左ボディストレートから返して右フックで圧倒。2R、瑠夏は左のカーフキックで対抗するが、大石は飛びヒザ蹴りを見舞い、左フックをクリーンヒットさせて、ペースを渡さない。

 3R、瑠夏が意を決したように、左右のフック、右ミドルで反撃を仕掛ける。大石は落ち着いて左ミドルで牽制。すると、瑠夏が右ストレートをクリーンヒット、大石が後退すると左フックを当てて、ダメージを与える。

大石の左で仰向けにばったり倒れる瑠夏

 あわや逆転かと思われたが、瑠夏のパンチに大石が左フックをカウンターでクリーンヒット。これで、瑠夏がダウンを喫する。何とか立ち上がろうとする瑠夏だが、ふらついて後方に倒れ、レフェリーがストップした。大石が絶大なインパクトを残してKO勝利した。

▶︎この大会の全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・結果:『RISE』10.22 一馬vs石月祐作の暫定王座戦、極真 南原健太の2戦目ほか試合結果 速報

・【RISE】”天心の極真時代のライバル”南原健太がタイ人をKOしデビュー2連勝をマーク

・【テレビ・配信】10.22『RISE 152』一馬vs石月祐作の暫定王座戦など生中継・配信情報

・“240kg巨漢をKOした”話題のロシア美女戦士、遂にベラトールデビュー!「“突き抜けた”戦いを見せる」=10.24ロシア:ヒョードル凱旋大会

・ジャンポケ・おたけ、14kg減量のバキバキボディも”天狗の鼻を折られた”=フィジーク初挑戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別