TOP > 試合結果個別

【RISE】平野凌我、カーフキックでSBからの刺客・手塚翔太をKO!「RISEの強さを見せられた」

2021/10/22(金)UP

平野がハイキックと、最後はカーフキックでダウンを奪いSBからの刺客・手塚にKO勝利した

RISEクリエーション
『RISE 152』

2021年10月22日(金)東京・後楽園ホール

▼第6試合 スーパーフェザー級(-60kg)3分3R延長1R
●手塚翔太(Sublime guys・GONG-GYM坂戸/SB日本フェザー級1位)
KO 2R 1分52秒 ※右カーフキック
◯平野凌我(MTS/フェザー級9位)

バックブローを放つ手塚

 手塚は18年3月にプロデビューし、2年後の20年には笠原友希とのSB日本フェザー級王座決定戦に挑んだが惜敗。その後ガオパヤック、井上竜太を相手に連勝して、今回はRISEのリングに殴り込みをかける。戦績は8勝(2KO)6敗1無効試合。

 対する平野は、真っ向勝負の強打を武器に、英雄伝説アジアトーナメント3位に輝いたことのあるファイター。RISEのベルトをただひたすらに追いかけ続け、今年7月にはYU-YAを相手に初回失神KO勝利で絶大なインパクトを残している。

ハイキックでダウンを奪う平野

 1R、両者とも右のカーフキックを強打。手塚は左フックを放ち、サウスポーへスイッチを見せる。終盤、ワンツー、フックと攻める手塚に、平野が華麗な右ハイキックで最初のダウンを奪う。

 2R、手塚が左ジャブから前に出ていく。すると、平野が右カーフキックをヒットさせると手塚が後方に倒れてダウン。かなり効いている様子だ。

カーフキックがヒットする瞬間!パンチのカウンターで蹴っている

 立ち上がった手塚は顔面前蹴り、バックブローで応戦。ところが、ダメージの蓄積が大きい手塚の前足に、平野が再び右のカーフキック。手塚がダウンし、レフェリーが試合を止めた。

 他団体の上位ランカーに圧巻の勝利を収めた平野は「どうですか、RISEの強さ見せられたでしょ」と会場に駆けつけたファンに向かってコメント。RISEの伊藤代表には、工藤政英の持つRISEフェザー級への王座挑戦をアピールした。

▶︎この大会の全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【RISE】”天心の極真時代のライバル”南原健太がタイ人をKOしデビュー2連勝をマーク

・結果:『RISE』10.22 一馬vs石月祐作の暫定王座戦、極真 南原健太の2戦目ほか試合結果 速報

・【RISE】11.14 世界最強の男ペットパノムルンvs原口健飛が決定「今の実力も経験もペット選手に全然劣る、皆さん力を貸してください」(原口)

・“240kg巨漢をKOした”話題のロシア美女戦士、遂にベラトールデビュー!「“突き抜けた”戦いを見せる」=10.24ロシア:ヒョードル凱旋大会

・顔と肉体のギャップが凄すぎる! 筋肉ムキムキ美女“みさみさ”がフィジーク日本一を目指す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別