TOP > 試合結果個別

【RISE】良星、拓也とのハイスピードバトルを制す!華麗なハイキックでダウン奪取

2021/10/22(金)UP

良星(右)が再起戦を勝利で飾った

RISEクリエーション
『RISE 152』

2021年10月22日(金)東京・後楽園ホール

▼第4試合 バンタム級(-55kg)3分3R延長1R
〇良星(FIGHT CLUB 428/Team Bull/同級2位)
判定3-0 ※30-27×2、30-26
●拓也(蹴空ジム/バンタム級4位)

 良星はスピードを活かしたアグレッシブなスタイルで会場を沸かせ、RISEバンタム級のトップ戦線で活躍する選手。昨年9月にRIZINにも参戦しWKBA世界バンタム級王者の江幡睦に2度のダウンを奪われ判定負け。今年2月に内藤啓人を下し再起を果たすも、今年7月には知花デビットと対戦して延長判定1-2の僅差で惜しくも敗れた。この試合で再起をかける。

 対する拓也は2016年RISING ROOKIES CUPバンタム級優勝の実績を持ち、RISEの舞台に定期参戦。強烈な左ボディフックを武器に、17年6月から6連勝を飾った。20年の11月には長身から繰り出されるストレートが武器の拳剛に1R KO負け、それ以来のRISE参戦となる。

 1R、良星がスピード感のある右カーフキック、左フックで攻めていく。拓也も右ローを蹴り返し、右ストレートを繰り出す。良星は左ジャブを使いながら、ステップで動き回る。ワンツーを打ち込み、左ボディフックを叩き込む良星。拓也は左フックのカウンター。両者スピード感のあるフックを繰り出す。

 2R、右フックを見舞う良星が、強烈な右ハイキックをヒットさせて最初のダウンを奪う。右カーフキック、右ハイキック、ヒザ蹴りと蹴り分ける良星。拓也はダメージを感じさせながらも、耐えて右ストレート。サウスポーにスイッチを見せる良星が、プッシュして左ボディフック。良星のラウンドとなった。

 3R、ガードを上げて圧力をかける良星が左アッパー、卓也は左フックからの右ロー。2Rにダウンを喫した拓也だが、果敢にパンチで応戦する。だが右ストレート、左フック、ハイキックなど、スピード感のある技で良星が手数で勝る。残り1分、良星がバックスピンキック、右ハイキックを繰り出す。最後は左右のフックで打ち合いで終了のゴング。

 ジャッジは3者との良星を支持。良星がハイスピードバトルを制した。

▶︎この大会の全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・結果:『RISE』10.22 一馬vs石月祐作の暫定王座戦、極真 南原健太の2戦目ほか試合結果 速報

・【RISE】一馬が石月祐作に壮絶TKO勝利、5Rの死闘を制し涙の王座戴冠

・【RISE】常陸飛雄馬、格上のSEIDOと怒涛の打ち合いに競り勝つ

・【RISE】平野凌我、カーフキックでSBからの刺客・手塚翔太をKO!「RISEの強さを見せられた」

・【RISE】森香津眞が松本芳道をテクニックで完封、3Rは左フックでダウン奪取

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別