TOP > 試合結果個別

【RISE】極真、期待の19歳 山科直史が圧勝のデビュー2連勝を飾る

2021/10/22(金)UP

山科(右)がデビュー2連勝を飾った


RISEクリエーション

『RISE 152』
2021年10月22日(金)東京・後楽園ホール

▼第1試合 フェザー級(-57.5kg) 3分3R
杉山豪基(鹿浜TOP TEAM)
vs
山科直史(極真会館)

山科はこのヒザ蹴りで相手を苦しめた

 山科は極真(松井館長)の全日本高校生大会で優勝し、今年6月にキックにプロデビュー戦を勝利で飾った19歳。今回2連勝を目指す。

 対する杉山豪基(鹿浜TOP TEAM)も空手がバックボーンでプロ4戦目(2勝(1KO1敗)の23歳だ。

 試合は序盤から山科のペース。山科はローの連打からヒザ、ハイキックと連続で攻める。そのスピードに耐えながらも押され気味の杉山。

山科が勝利

 3Rになると、杉山は防戦一方となり、山科はKOを狙うかのようにダブルのローキックからパンチ、膝蹴りを連打し杉山は後退。山科の攻撃の合間を狙い杉山がパンチを出そうとするが、山科の勢いは止まず試合終了。タフな杉山は倒れず最後まで耐え抜いた。

 これで山科は2連勝、同じ極真でともに練習する南原健太、ベイノアらとともに更に期待できそうだ。

▶︎この大会の全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【RISE】”天心の極真時代のライバル”南原健太がタイ人をKOしデビュー2連勝をマーク=試合結果

・結果:『RISE』10.22 一馬vs石月祐作の暫定王座戦、極真 南原健太の2戦目ほか試合結果 速報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別