TOP > 試合結果個別

【DEEP】石塚雄馬が大木良太にスプリット判定勝ち

2021/10/23(土)UP

真っ向から殴り合う両者

DEEP事務局
『DEEP 104 IMPACT ~20th Anniversary~』
20211023日(土)東京・後楽園ホール

▼第3試合 DEEPライト級 5分2R
●大木良太(KRAZY BEE)
判定1-2 ※18-20×2、19-19(マスト判定:大木)
〇石塚雄馬(AACC)

背中に登ってバックを取る石塚

 7月、大原樹里とライト級暫定王座決定戦を行うもローブローによりテクニカル判定で敗れた大木と、6月に僅差の判定負けを鈴木琢仁に喫した石塚雄馬の対戦。

 1R、サウスポーの大木は左カーフキックをオーソドックスで構える石塚の左ふくらはぎに放っていく。ニータップでテイクダウンに出る石塚だが大木が金網を背にこらえる。大木はそこから距離を取って立ち、左カーフキックを継続する。石塚はダメージを見せ足が流れ出す。

石塚がスプリットで判定勝利を手にした

 2Rも距離を取る大木に石塚はフックとストレートを振るっていくが、大木はサークリングしてこれをかわす。さらに左カーフを放つ大木を見て取り、石塚は蹴り足をキャッチ。
 金網際まで走り大木の背後に飛びつきオンブ状態となる。石塚が地面に足を着けたところで大木は向き合い体を離す。大木は遠間から左ストレートと右フックを振るい、石塚もこれに応じてフックを当て、大木はやや足が止まる。

 判定は20-18で石塚、19-19(マスト判定:大木)、20-18で石塚と割れ、石塚が2-1で勝利した。

●編集部オススメ

・10.23『DEEP』結果:神龍誠vs福田龍彌、北岡悟・伊澤星花も参戦=試合結果 速報

・【テレビ・配信】10.17『DEEP TOKYO IMPACT 2021』解説にケイト・ロータス、昇侍=生中継・配信情報

・【DEEP】1年2か月ぶり復帰の神龍誠「死んじゃうと思う」と絶好調アピール、元修斗王者・福田龍彌は「精一杯楽しむ」と余裕の表情=前日計量

・【DEEP】熊谷麻理奈がビキニとハイヒール姿で登場、ゆりなとの身長差に会場どよめき=前日計量

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別