TOP > 試合結果個別

【ベラトール】突然「指が…」期待の元ヘビー級王者ミナコフ、TKO負けで母国で勝利飾れず

2021/10/24(日)UP

元ヘビー級王者ミナコフ、突然「指が…」果敢に攻めるもアクシデントに見舞われた(c)Bellator MMA

Bellator MMA
『Bellator 269』
10月24日(日・日本時間)ロシア・モスクワ・VTBアリーナ

▼ヘビー級マッチ
●ヴィタリー・ミナコフ(ロシア/元同級王者)
TKO 3R 3分8秒 ※ドクターストップ
サイード・ソウマ(アメリカ/同級10位)

元ヘビー級王者ミナコフが序盤から果敢に攻めた

 ミナコフは元ベラトールヘビー級王者。ソウマは今年7月に110kgのロニー・マルケスを左ストレートで69秒の秒殺KO勝利を収めている。
 1Rから身長差を武器に圧力をかけるミナコフ、ソウマはサークリングしながらカーフキックや入れハイキックを当てていく。ミナコフはテイクダウンからパウンド、立ち上がるとミナコフの迫力あるパンチ連打でダウンしそうになるソウマ。ミナコフのペースで試合が進む。

2R、ソウマのカーフキックがミナコフにヒット!ダメージを与えた

 2Rもミナコフの圧力と攻めでリードしていたが、中盤にソウマの右カーフキックで大きくバランスを崩す。さらにもう一発カーフ!ミナコフはかなり前足が効いたようだ。以降、ミナコフのパンチには力がなく、ソウマはカウンターでパンチをヒットさせるなど追い上げる。

 3R、ミナコフのパンチにソウマのカウンターパンチが連続でヒット。カーフキックもヒットしミナコフは痛そうに足を上げる。
 そんな中でもミナコフはバックハンドブロー、その後もパンチで攻めたが、突然ミナコフが下がりながら左手の薬指を引っ張る仕草。レフェリーに薬指が立った状態を一瞬指を見せると、重症と判断したレフェリーは試合中断ではなく、レフェリーストップで試合を止めた。
 すぐにリングドクターが処置し、指が曲がるようになったミナコフは試合続行をアピールしたが、レフェリーストップは覆らず、ソウマののTKO勝ちとなった。

 この怪我についてスローで見ると、ソウマの右の蹴りをミナコフが左手で払おうとした時、指が太ももあたりにぶつかり、その瞬間、薬指が立っている。応急処置で曲がるようになったことから脱臼と考えられる。

▼【動画】ミナコフがソウマの蹴りで指を負傷する瞬間

●編集部オススメ

・【ベラトール】”引退ロード”ヒョードルが106秒の衝撃KO勝利!母国ファンの前でヘビー級2位ジョンソンを豪腕フックで沈める

・【ベラトール】“240kg巨漢をKOした”話題のロシア美女ダリナ、デビュー痛恨のTKO負け!鉄槌連打でメジャーの洗礼を浴びる

・【ベラトール】ヌルマゴの従兄弟ウスマンが一本勝ちで無敗記録更新、初回の裸絞めで相手がたまらずタップ!

・『ベラトール』10.24 結果:ヒョードルvsジョンソンほか全試合結果 速報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別