TOP > 試合結果個別

【ビッグバン】大岩龍矢がBigbangライト級王者に!セコンドの武尊も共に歓喜

2021/11/15(月)UP

大岩(左)がBigbangのタイトルを勝ち取った

ビッグバンプロモーション
『Super Bigbang 2021』第2部
2021年11月14日(日)神奈川・横浜武道館

▼メインイベント第1試合 ”株式会社ベルエアプレゼンツ Bigbang ライト級王座決定戦” ビッグバンルール 3分3R延長1R
●琢磨(東京町田金子ジム/元WBCムエタイSフェザー級王者)
判定0-3 ※29-30、28-29、28-30
〇大岩龍矢(K-1GYM SAGAMI-ONO KREST/K-1ライト級)

 大岩は、前に出る圧力とタフネスが武器であり、K-1のカリスマ・武尊の盟友。昨年はレオナ・ペタス、朝久裕貴といった強豪に判定負けしたが、今年3月、山本直樹にKO勝利で再起。7月のK-1で階級を上げた元K-1フェザー級王者・江川優生との対決が決まっていたが、江川の欠場により流れていた。今回は心機一転、Bigbangの王座を狙う。

 対する琢磨も、アグレッシブに前に出るスタイルが持ち味で、強烈なボディ打ちなどのパンチが武器だ。元NJKFスーパーフェザー級王者、前WBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王者と二冠を経験している。今年2月には数々の世界王座経験のあるベテラン・国崇を2R KO。8月のBigbangでもダウンを奪った判定勝利と勢いに乗る。

 1R、琢磨は前へ出て細かいパンチを当てていく。大岩は怯まずにパンチで打ち合う。琢磨の攻撃が多彩で、手数が多い。ほぼ互角の展開となった。

武尊(左から2番目)ら所属ジムのメンバーたちと並ぶ大岩(中央)

 2R、琢磨は右、左と細かいパンチでヒザ蹴りも入れていく。大岩は右ハイキックをヒット。下がる琢磨にパンチを連打。さらに右ストレートをヒットして、ダウンが生まれるかと思われた。それでも琢磨は踏ん張り、このラウンドを耐えた。

 3R、両者が前へ出て打ち合う。琢磨は左ボディ、右ローキック、ヒザ蹴りと多彩に攻める。大岩はプレッシャーをかけながらパンチを見舞っていく。クリーンヒットはしないが、前へ出るプレッシャーをかけている印象は強い。

 大きな差がなく判定へ。3-0で大岩が差をつけて、Bigbangライト級王座を獲得。セコンドについた武尊と抱き合って喜んだ。大岩は、「諦めなければ、ベルトを獲ることができることを証明できてよかったです」と語った。

◀︎この試合の全試合結果

●編集部オススメ

・『ビッグバン』11.14 第2部 全試合結果:実方宏介vs坂本英則、琢磨vs大岩龍矢など

・K-1大岩龍矢がBigbangライト級王座に挑戦、元ムエタイ王者・琢磨と対決=11.14 第2部

・【ビッグバン】11.14 第1部 全試合結果:松下大紀vsジョージ、竹内賢一vs稲垣澪、山際和希vs大久和輝など

・【武林風】”少林寺”戦士のハイキック秒殺KO!このシーンに”戦意喪失か八百長か”ファンの声

・【テレビ】武尊とウルフ アロンが『有吉ゼミ』出演で食べまくる=11.15

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別