TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【RIZIN】ボビー・オロゴンが衝撃の一本勝ち!16年ぶり勝利に大号泣、“110kg筋肉獣”北村は顔面流血に

2021/11/20(土)UP

ボビーのリアネイキッドチョークがガッチリと極まる

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『RIZIN.32』
20211120日(土)沖縄アリーナ

▼第10試合 RIZIN MMAルール:5分 3R(120.0kg)
〇ボビー・オロゴン(ナイジェリア/ぼびバラチーム)
一本 2R 2分34秒 ※リアネイキッドチョーク
●北村克哉(チーム北村/武蔵村山さいとうクリニック)

 ボビーは2004年の大晦日大会『Dynamite!!』で格闘技デビュー。MMAでは2勝2敗。シリル・アビディと曙に勝利し、チェ・ホンマンとボブ・サップには敗れている。格闘技の試合は2007年末のボブ・サップ戦以来、14年ぶりとなる。

【フォト】ボビーがバックチョークを極めた瞬間

 対する北村は元新日本プロレスなどに参戦したプロレスラーで、アマチュア時代はレスリング・グレコローマンで全日本3連覇の実績を持つ。

 1R、シューズを着用して試合に入った北村は、ボビーのローにカウンターのタックルを合わせてテイクダウン。ハーフガードのボビーにパンチを見舞った北村は終盤マウントポジションを取るが、ボビーはこれを手で後ろに押して脱出する。

 2R、北村は前に出プレッシャーを掛け、再びローにタックルを合わせテイクダウン。しかし両者そこから体がリング外へ出てしまいそうになり、レフェリーがストップしてスタンドに戻す。

勝利後、涙ながらにマイクで語ったボビー全試合

 ボビーが振るったパンチを嫌がり北村はタックルに出てテイクダウン。しかしボビーはそこから体を起こしサイドバックの状態になり、北村に背面からパンチを送って鼻血を呼ぶ。そして左腕をのど元に入れてスリーパーを極めタップさせて勝利した。

 05年12月31日の曙戦以来16年ぶりの格闘技戦で勝利したボビーは「試合したくやった訳ではないから、本当にミソギの旅をしていて、その一環でやって、でもやるからにはサポートしてくれるみなさんを裏切らない試合をしたくて、本当にありがとうございます」といつものとぼけた調子とは違い、涙ながらに心境を語った。

▶︎次のページは【フォト】ボビーがバックチョークを極めた瞬間

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【RIZIN 沖縄】11.20 全試合 結果速報(RENAvs山本美憂、皇治、ボビーほか)

・大激怒ボビー、”110kg筋肉獣”北村克哉と一触即発フェイスオフ「ネットで余計なこと言うな!」(ボビー)

・[この日の試合]“鉄人”大原樹理が“ラウェイ世界王者”渡慶次を秒殺KO!大晦日参戦をアピール

・[この日の試合]伝説ババルの弟子・ロレンツォが一本勝ち!相手の道着利用し、“送り襟絞め”でタップアウト

・『テレビ・配信』11.20「朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円」放送・配信・生中継情報=モハン・ドラゴンら参戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 新着情報 > 試合結果個別