TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【BreakingDown】現役プロレスラー井土徹也が優勝「プロレスラーは強いんです」=ミドル級トーナメント

2021/11/27(土)UP

プロレスラー・井土(左)が激闘制して優勝

BreakingDown株式会社
『BreakingDown 第3回大会』朝倉未来の1分間大会

2021年11月27日(土)

▼第20試合 ミドル級 1Dayトーナメント(決勝)
○井土徹也(現役プロレスラー)
判定2-1
●丸田喬仁(総合格闘技4ヶ月)

 8名で行われる『BreakingDown』ミドル級トーナメント。1日で3試合を戦う。
 決勝に残ったのは、現役プロレスラーの井土と、アメフトの選手を経て現在は日本一のアメフトのキックコーチと言われる丸田。

【フォト】井土が“アメフト”丸田をテイクダウンする瞬間

 井土は1回戦、準決勝共に判定勝利で勝ち上がる。
 対する丸田は1回戦では強打を生かし判定勝利すると、準決勝戦では優勝候補のMMAファイターに、何と右フック7秒でKO勝利。
 解説の朝倉未来も「凄い選手が出てきた」と驚きの様子を見せた。

 決勝は、丸田が右ストレートで中に入るも、井土が組み付きケージへ押し込む。離れ際の打ち合いで、丸田の右フックで井土がダウン!

 しかし素早く立ち上がってはテイクダウンした井土は、上になり怒濤のパウンドを浴びせ続ける。

 ブレイクされるも、井土は再びテイクダウンしパウンドの嵐。ここでゴングが鳴った。

 判定は2−1のスプリットで井土に。井土は賞金30万を受け取り喜ぶ。井土はマイクで「一分最強の男、井土徹也です。なぜこの舞台に立ったか。プロレスラーはめちゃくちゃ噛ませ犬みたいになってますけど、僕はそれは違うと。強いプロレスラーを目指し、ここへ来て優勝しました」とプロレスラーの誇りをアピールしてみせた。

 さら「一つ言いたいことがあります。本来ならば2回戦で戦うはずだった笠井ヨシヒロ(骨折し準決勝辞退)選手次、必ず自分と対戦待ってます。そしてもう一つ、プロレスラーは強いんです」とメッセージした。

 朝倉未来は、敗れた丸田についても「また見たい」と期待を寄せた。

▶︎次ページは【フォト】井土が“アメフト”丸田をテイクダウンする瞬間など全4枚

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【BreakingDown】”アメフト”丸田喬仁が優勝候補の川島悠汰に7秒KO勝利、朝倉未来「すごい選手出てきた」

・元西武・相内誠が朝倉未来1分大会に参戦、竹原慎二直伝のガチンコファイトで格闘技初勝利なるか

・朝倉未来の1分間大会 11.27『BreakingDown』試合結果 速報(相内誠2戦目、ミドル級1Dayトーナメント)

・[前回大会]プロレスラー井土徹也、RIZINアマ優勝のマツモモと打撃戦で競り勝つ

・朝倉未来、喧嘩マッチを謝罪「弱い者いじめをしていたように見えて、よくなかった」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 新着情報 > 試合結果個別