TOP > 試合結果個別

【ONE】1ラウンド決着男同士の大激闘は、アサラナリエフが豪快KO勝利!ナシューヒンを右ストレートで沈める

2021/12/03(金)UP

ダギの強烈な右ストレートがヒット!©️ONE

ONE Championship
『ONE: WINTER WARRIORS』
2021年12月3日(金・日本時間)シンガポール・インドアスタジアム

▼総合格闘技 ライト級
●ティモフィ・ナシューヒン(ロシア)
TKO 3R49秒 ※右ストレート→パウンド
〇ザイード・フセイン・アサラナリエフ(トルコ)

ヒザ蹴りを放つダギ©️ONE

 ナシューヒンは荒々しい戦いが得意なアグレッシブファイターで、これまで14勝のうち11勝が1ラウンド決着(7KO・4一本)というフィニッシャー。19年3月の日本大会でエディ・アルバレスから衝撃KO勝利を収めたことで一躍有名となったが、今年4月大会ではライト級王者・クリスチャン・リーにTKO負け。再起を懸けての一戦となる。

 対するアサラナリエフもクリスチャン・リーに敗れて以来の試合で、2019年10月大会から2年ぶりの復帰戦。キャリア8勝のうち7勝を1ラウンドでフィニッシュ(6KO・2一本)している。

 両者は2018年9月に対戦しており、ナシューヒンがパンチにより1ラウンドでKO勝利している。

上からパウンドを落とすダギ©️ONE

 1R、いきなりジャブの相打ち、さらに左右のフックを振り合う。何度もパンチが交錯するなかナシューヒンの左フックがヒット、尻餅をついたアサラナリエフだが起きるとすぐに片足タックルへ。
 ケージ際で組みの展開となるがアサラナリエフのヒザがローブローとなり中断。アサラナリエフは一気に飛び込んで連打を見舞うがナシューヒンのパンチも当たる。しかし効かせたのはアサラナリエフ、下がるナシューヒンをケージに詰め左を振る。

 2R、詰めてワンツーはアサラナリエフ、さらに右ストレートでダウンを奪う。しかしナシューヒンは追撃のパンチを何発も受けながら立ち上がり、フルスイングのフックを返す。アサラナリエフはここでテイクダウンへ、ゴツゴツとパウンドを落とす。ここで出血によりドクターチェック。

激闘を制したダギ©️ONE

 再開となるとナシューヒンはエビで距離を取って立つことに成功。しかしアサラナリエフはすぐ組み付くとバックドロップのように豪快なテイクダウン。上からパウンドを落とす。

 3R、アサラナリエフはローでナシューヒンのバランスを崩すと左フックを当てる。そしてナシューヒンがジャブに来たところで右ストレート、これでナシューヒンがぐらつくとアサラナリエフがもう一発右ストレート!
 ナシューヒンはバッタリと後方へ倒れ、パウンドで追撃するとレフリーが試合をストップ。大激闘を制してアサラナリエフが2年ぶりの復帰戦を飾った。

●編集部オススメ

・【ONE】12.3 全試合 結果速報(若松佑弥、秋元皓貴出場、アトム級WGP決勝)

・【テレビ・配信】12.3 秋元皓貴、若松佑弥参戦『ONE: WINTER WARRIORS』生中継・配信情報

・【ONE】世界震撼!最強ペトロシアンの硬直失神KOに、魔裟斗が「マジか!時代が変わった」と呆然

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別