TOP > 試合結果個別

【K-1】王座奪還を目指すゴンナパーが再起戦で勝利、西京佑馬を判定で退ける

2021/12/04(土)UP

前王者ゴンナパー(左)が判定勝利

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN』
2021年12月4日(土)エディオンアリーナ大阪

▼第14試合 スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R
○ゴンナパー・ウィラサクレック(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム)
判定2-0 ※30-29×2、30-30
●西京佑馬(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

 西京は第8代Krushスーパー・フェザー級王者で21歳の伸び盛りの選手。今年に入り、篠原悠人、竜樹を下し連勝と波に乗っている。

 対するゴンナパーは今年7月のK-1福岡大会で行われた王座防衛戦で、朝久泰央に延長の末、敗北し王座陥落。今回が再起戦となる。

 1R、ゴンナパーの左ミドルに対し、すぐに左ローと右ミドルを返す西京。圧力を強めるゴンナパーに、西京のワンツーの右がヒット!西京は飛び込んでヒザ蹴りを当てるなど、ゴンナパーの圧力に怯まない。

 2R、ゴンナパーが序盤からミドルを連打。強引に自分のリズムを作りに行く。西京は変わらず、ゴンナパーの攻撃後に必ず蹴り返す。ロープを背にした西京にゴンナパーが右左フックからヒザ蹴り。ゴンナパーはその後も左ミドルから左右のフックなど、徐々に西京にダメージを与えていく。

 3R、左ミドルの威力がさらに増していくゴンナパー。西京も変わらず攻撃を返すが、ゴンナパーの勢いに下がる印象が強い。西京のコツコツ当てるローに、効いている様子のゴンナパー。単発ではあるが、西京の右ストレートもヒットする場面が多く見られる。

 判定は2-0(30-29×230-30)でゴンナパーが勝利。王座陥落後の復帰戦で、連勝中だった西京を退けた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・『K-1』12.4 全試合 結果速報(木村“フィリップ”ミノル K-1 FINAL)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別