TOP > 試合結果個別

【K-1】☆SAHO☆が初参戦で真優に完勝、左ボディからヒザ蹴り連打でダウン奪取

2021/12/04(土)UP

☆SAHO☆(右)がフルマーク判定勝利を収めた

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~』
2021年12月4日(土)エディオンアリーナ大阪

▼第7試合 スーパーファイト/女子-52.5kg契約/3分3R・延長1R
○☆SAHO☆(日本/闘神塾)
判定3-0 ※3者とも30-27
●真優(日本/月心会チーム侍)

 ☆SAHO☆は、NJKFミネルヴァスーパーバンタム級王座など、キックボクシング三冠王。16歳でプロデビューし、超攻撃的なファイトスタイルで11勝1敗の成績を収め、今回、満を持してK-1初参戦となった。

 対する真優は、関西強豪が数多く在籍する月心会・チーム侍の21歳女子ファイター。今年1月のKrush女子フライ級王座決定トーナメント準決勝でNANAをKOで下したが、4月の決勝で壽美に判定負け。7月の再起戦でRANに判定勝利を飾った。

 1R、☆SAHO☆が右ストレートで先制すると、真優は左の前蹴り。両者とも左右のフックを打ち合う。真優は左フックで応戦。☆SAHO☆は右の前蹴りをヒット。随所で両者のパンチが交錯する。

 2R、左ジャブで牽制する☆SAHO☆。右ローの蹴り合いから、☆SAHO☆が右ストレートをヒットさせる。真優も右ストレートを返す。左ボディフックを見舞う☆SAHO☆が、前進して真優を追い込む。さらに、☆SAHO☆が左ボディを効かせると、左ヒザ蹴りの連打で最初のダウン奪った。

 3R、左の前蹴りを放つ真優に対して、☆SAHO☆は落ち着いて左フックを見舞う。近距離でのパンチの打ち合いで、☆SAHO☆は右アッパー、左フックを放つ。真優も立ち続けるが、ホールディングを繰り返してしまう。ワンツーから左ボディを見舞う☆SAHO☆。2Rから確実 にペースを掴んだ☆SAHO☆がK-1初陣を勝利で飾った。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・『K-1』12.4 全試合 結果速報(木村“フィリップ”ミノル K1 FINAL) 2021/12/4(土)UP

・【K-1】大沢文也が延長判定勝利、弘輝をベテランのテクニックで振り切る

・【K-1】谷川聖哉がハイキックで豪快なKO勝ち!「昔のK-1のように大きな選手に勝っていく」

・【K-1】篠原悠人、鋭いパンチでリードし石田勝希を判定で下す

・【ベラトール】RIZIN王者・堀口恭司が衝撃の“失神”KO負け!王者ペティスの“バックブロー”一撃で大の字ダウン、担架で運ばれる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別