TOP > 試合結果個別

【K-1】再起戦のレオナ・ペタス、冷静な試合運びで盤石の勝利!タフなムエタイ戦士からダウン奪う

2021/12/04(土)UP

ヒザ蹴りで攻めるレオナ

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~』
2021年12月4日(土)エディオンアリーナ大阪

▼第11試合 【サイクリー Presents】スーパーファイト/-61.5kg契約/3分3R・延長1R
○レオナ・ペタス(日本/THE SPIRIT GYM TEAM TOP ZEROS/LARA TOKYO)
判定3-0 ※三者とも30-26
●マキ・チャーチャイ(タイ/真樹ジムAICHI)

 レオナは”石の拳”の異名を取るほど硬い拳を武器に、19年9月にKrush王者に就いた。その後、3連勝で今年3月に武尊との頂上決戦に挑んだが2R KO負け。今回は再起戦で初のムエタイ戦士と拳を交える。

 対するチャーチャイは、ムエタイの殿堂ラジャダムナンスタジアムではスーパー・バンタム級3位にランクインした実績を持つ。日本では5戦4勝1分と無敗を誇り、ISKAムエタイ世界スーパー・ライト級王座も獲得している。

 1R、レオナがステップを踏みながら左ジャブ、左ボディを見舞う。サウスポーのチャーチャイは左ミドルを強打する。長い距離の右ストレートから左フックへ繋ぐレオナ。ノーガードで挑発するチャーチャイに、レオナが強烈な右ストレートをヒットさせてダウンを奪う。

 2R、大振りのフックで前進するチャーチャイは、左ストレートを見舞う。レオナは冷静に左のボディ打ち、左アッパーをヒット。近距離でカウンターの右フックをヒットさせたレオナはチャーチャイをパンチ連打で追い込む。それでも前に出るチャーチャイに、レオナは右の飛びヒザ蹴りを見舞う。

 3R、チャーチャイの前進に、レオナはコンパクトに右フックをヒット。パンチ連打で追い詰めるレオナだが、チャーチャイは倒れない。ガードを固めて前に出るチャーチャイは、左フックを1発ヒット。レオナは左右のボディフックから右のヒザ蹴り。それでもチャーチャイは前に出て、粘りを見せた。ジャッジはダウンを奪ったレオナを支持。レオナが再起戦を、差をつけた判定勝利で飾った。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・『K-1』12.4 全試合 結果速報(木村“フィリップ”ミノル K1 FINAL)

・【K-1】☆SAHO☆が初参戦で真優に完勝、左ボディからヒザ蹴り連打でダウン奪取

・【K-1】高梨knuckle美穂がデビュー以来9戦全勝、新鋭・美伶との接戦制す

・【K-1】玖村修平、才賀紀左衛門を右ストレートで一撃KO!初回でマットに沈める

・【K-1】大和哲也が大野祐志郎にKO勝利、連敗脱出に「腹を括って行動すれば、絶対に結果は出る」と喜び

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別