TOP > 試合結果個別

【K-1】林健太、タフな不可思との大激闘を制す!気迫のパンチ連打が火を吹く

2021/12/04(土)UP

パンチで襲いかかる林(右)

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~』
2021年12月4日(土)エディオンアリーナ大阪

▼第15試合 スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R
○林健太(日本/FLYSKY GYM)
判定 3-0  ※29-28×2、30-28
●不可思(日本/クロスポイント吉祥寺)

 林は19年に卜部功也に勝利しライト級王座を戴冠。KOで連勝していたが、ムエタイ大魔神・ゴンナパーに敗れ陥落した。今年5月にKO勝利で再起するも、9月に元同門・佐々木大蔵と激闘の末に判定負けした。今回が再起戦となる。

 対する不可思は、K-1デビュー戦となった19年6月の両国大会で佐々木大蔵と出血しながらも激闘を展開し、その後は大和哲也や鈴木勇人にKO勝利。今年3月のK’FESTAでは王者・山崎秀晃の剛腕に散ったが、前戦の7月大会では1R KO勝利し再起した。

 1R、左ジャブで牽制した林に、不可思は右ストレートを伸ばす。林が前に出ていくと、不可思が右ミドルを返す。右ローを強打する林に、不可思は右の飛びヒザ蹴りを見舞う。両者とも右ローの蹴り合い。林も近距離で左フックをヒットさせた。

 2R、右のカーフキックを蹴る林。不可思は左ミドルを蹴りながら前に出る。ガードを固める不可思は右ストレートを伸ばす。林も下がらずに右フックを見舞う。終盤、林は右カーフを蹴りながら前進し、左右のフックを叩き込む。

 3R、左ジャブ、右カーフを多用する林。不可思は右ローを返して右フック。林のカーフキックで不可思の足が流れる。林は左ジャブ、右カーフキック、右アッパーと手数を出す。不可思はパンチで反撃を試みるが、林が強烈な右ストレートを効かせて、パンチ連打で遂にダウンを奪う。

 鼻から出血した不可思だが、前進を止めない。林は強烈な右フックからのヒザ蹴り、ボディフック、アッパーと攻め立てた。ジャッジは3Rにダウンを奪い、攻め続けた林を支持。会場からは大きな拍手が送られた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・『K-1』12.4 全試合 結果速報(木村“フィリップ”ミノル K1 FINAL)

・【K-1】安保瑠輝也、海斗をパンチで滅多打ち1R KO!野杁正明に「1年以内に必ずリベンジ」

・【K-1】王座奪還を目指すゴンナパーが再起戦で勝利、西京佑馬を判定で退ける

・【K-1】再起戦のレオナ・ペタス、冷静な試合運びで盤石の勝利!タフなムエタイ戦士からダウン奪う

・【K-1】☆SAHO☆が初参戦で真優に完勝、左ボディからヒザ蹴り連打でダウン奪取

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別