TOP > 試合結果個別

【K-1】衝撃決着!木村ミノルが3R KO負け、和島大海が世代交代を成し遂げる

フォロー 友だち追加
2021/12/04(土)UP

和島(右)がヒザ蹴りで木村を攻める

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~』
2021年12月4日(土)エディオンアリーナ大阪

▼第17試合【Martial Arts body Design Presents】木村“フィリップ”ミノル K-1 FINAL
K-1 WORLD GPスーパー・ウェルター級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
●木村“フィリップ”ミノル(ブラジル/王者/PURGE TOKYO)
KO 3R 2分50秒 ※左ミドル
○和島大海(日本/挑戦者/月心会チーム侍)

木村がパンチで攻める

 木村は”戦慄のブラジリアンフック”の異名通り、破壊力満点のパンチでKO勝利を積み上げ、20年3月にトーナメントを制してスーパー・ウェルター級王座を戴冠。現在、10連続KO勝利中のKO KINGは、今回がK-1卒業マッチとなる。

【動画】木村ミノルが和島のボディ攻めに崩れ落ちダウンの瞬間

 和島は、殺傷能力の高い蹴り技を武器に15勝のうち13KOを数える。20年3月のトーナメントでは木村にKO負けしたが、その後は3連続KO勝利で今回の王座挑戦権を掴んだ。今年7月には木村と打ち合いを演じたアビラルに、ローキックでKO勝利している。

 両者はこれまで2度対戦しており、19年3月、20年3月共に木村がKO勝利を飾っている。木村にとっては、初防衛戦にしてK-1ファイナルマッチ、和島にとっては最後のリベンジマッチのチャンスだ。

 1R、和島がサウスポーに構えて左ミドルを蹴り込む。木村は左ボディフック、右フックを強振。和島は左ローを返し、左ミドルを蹴る。木村は右ストレートを伸ばして、左フックへ繋げる。和島は飛びヒザ蹴りを見せる。

 2R、和島は左の前蹴り、左のインローと蹴りを出す。左ボディから右ストレートを放つ木村に、和島は左フック、左ハイキックを出す。下がらない和島は左の飛びヒザ蹴り。左のインローを放つ和島は、木村のボディにヒザ蹴りをヒットさせる。

 3R、右のストレートを見舞う木村。和島もパンチで前に出て、左の飛びヒザ蹴りをヒット。近い展開で和島がヒザ蹴りを連打しボディを攻める。木村は右ストレートをヒット。すると、和島が強烈な左のミドルキックを木村のボディにクリーンヒット。これに木村がクリンチにいき、そのままダウン。カウントが進む中、立ち上がった木村だが、戦闘不能に。和島が衝撃的な展開で木村を沈めて、大阪大会は幕を閉じた。

 勝利した和島は「木村選手という偉大なチャンピオンと試合ができてベルトも巻けてよかった。歴代のチャンピオンは凄く強豪ですけど、3人に負けないようにしっかり歴史を作っていきます。強豪選手を呼んでください。偉大なチャンピオンになります」と語った。

▶︎次ページは【動画】木村ミノルが和島のボディ攻めに崩れ落ちダウンの瞬間(写真あり)

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・『K-1』12.4 全試合 結果速報(木村“フィリップ”ミノル K1 FINAL)

・【K-1】安保瑠輝也、海斗をパンチで滅多打ち1R KO!野杁正明に「1年以内に必ずリベンジ」

・【K-1】☆SAHO☆が初参戦で真優に完勝、左ボディからヒザ蹴り連打でダウン奪取

・【K-1】王座奪還を目指すゴンナパーが再起戦で勝利、西京佑馬を判定で退ける

・【K-1】再起戦のレオナ・ペタス、冷静な試合運びで盤石の勝利!タフなムエタイ戦士からダウン奪う

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています

TOP > 試合結果個別