TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【DEEP】40歳・水野竜也がサッカーボールキックで秒殺KO!“ミスターメガトン”誠悟を倒し「ベルト必ず取る」と宣言

2021/12/12(日)UP

サッカーボールキックを放つ水野©️DEEP

DEEP事務局
『skyticket Presents DEEP 105 IMPACT』
2021年12月12日(日)東京・ニューピアホール

▼セミファイナル DEEPメガトン級 5分3R 特別ルール
○水野竜也(フリー)
KO 1R1分15秒 ※左ストレート→サッカーボールキック
●誠悟(AACC)

左ストレートを当てる水野©️DEEP

 前DEEPミドル級王者・水野竜也のメガトン級での本格参戦。08年にはDREAMでミルコ・クロコップ、メルヴィン・マヌーフ、ゲガール・ムサシら世界の強豪と対戦し、18年2月、DEEPミドル級チャンピオンに輝いた。今年7月のジョアンオ・バティスタ・吉村戦でKO負けを喫したが、今回メガトン級に階級アップ。重い階級での王座戴冠を目指す。

 対戦する誠悟はDEEPメガトン級を代表する選手。柔道をベースに持ちながら打撃中心の激しい試合を展開して“ミスターメガトン”と呼ばれる。今年9月に現役米海兵隊のSAINTに判定負けし、こちらも再起を狙う。

メガトン級挑戦で秒殺KO勝利を飾った水野©️DEEP

 1R、水野がタイミングを測るように、誠悟のパンチに合わせて左ミドルを放つ。誠悟は前足にローを二発をもらい、思うように前に行けない。サークリングする誠悟がステップインした刹那、水野が狙い澄ましたようにカウンターの左ストレート!

 水野が倒れた誠悟の顔面にサッカーボールキックを入れると、レフェリーが試合を止めた。

 1R115秒の秒殺KO勝利を飾った水野。勝利者マイクで「40歳になって、自分の格闘技人生、起承転結の結に入っているんじゃ無いかと思います。ヘビー級(メガトン)に転向した理由はベルト一つです。DEEPのメガトンのベルト必ず取るんで、応援してください」と、叫んだ。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【DEEP】12.12 全試合 結果速報(牛久絢太郎vs神田コウヤほか)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 新着情報 > 試合結果個別