TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【RIZIN】48歳の元警察官・関根シュレック、日本最強・シビサイに根性ファイトでTKO勝利!「プロレス、警察官、昭和生まれ、最強!」と雄叫び

2021/12/31(金)UP

豪腕を振る関根(右)

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『Yogibo presents RIZIN.33』
2021年12月31日(金) さいたまスーパーアリーナ

▼第9試合 RIZIN MMAルール(120.0kg)5分3R
●シビサイ頌真(パラエストラ東京)
TKO 2R 2分9秒 ※鉄槌連打
○関根“シュレック”秀樹(ボンサイブルテリア) 

関根がシビサイに鉄槌を落とす

 シビサイは、今年6月の『RIZIN.28』でスダリオ剛と対戦して3Rチョークスリーパーで勝利を収め、人気急上昇中。現在日本人のヘビー級ではトップの実力を持つ。
 対する関根はプロレスラー、柔術全日本王者でサブミッションのスペシャリスト。昨年2月に行われた『RIZIN.21』でのロッキー・マルティネス戦以来のRIZIN参戦となる。現在48歳の”アラフィフ”ファイターだ。元警察官で、プロレスのリングにも上がる異色な経歴を持っている。

 ともに格闘技イベント「巌流島」に参戦したこともあり、「いずれは戦うと思っていた」とシビサイが語っていたように、関根とは場所を変えた宿命の戦いといえるだろう。

関根のジャーマンが決まる

 1R、いきなりタックルに行く関根。シビサイはこれを切り、マウントへ。腕十字を狙う関根だが、シビサイは立ち上がり、ヒザ蹴りのラッシュ。転んだ関根に、更にサッカーボールキックを放つシビサイ。
 シビサイはグラウンドでもヒジを冷静に打ち込み、さらに腕・三角を狙う。さらにシビサイは立ち上がっては踏み付け!さらに関根の頭を抱えてはヒザ、鉄槌と流れるように攻撃をやめない。

 ここで立ち上がった関根が、バックを取り、ジャーマンスープレックス!上を取った関根は、吠えるような声をあげながら鉄槌やヒジを入れる。

 2R、関根が「よし来い!」と叫ぶ。大振りのフックを振り回す関根。そのままタックルに入った関根は、シビサイにがぶられるも、再び打ちおろしの右フックを放つ。

関根がシビサイに鉄槌を落とす

 雄叫びをあげながら振り回す関根に、シビサイは持て余し気味か、手数が出ない。
 さらに関根が引き込んでは上を取ると、サイドからヒザ、鉄槌を叩きつける。疲れか、ジャーマンのダメージが残っているのか、なすすべもなく貰い続けるシビサイ。延々と続く鉄槌攻撃に、ついにレフリーが試合を止めた。
 48歳・関根が”日本ヘビー級最強”とも言われるシビサイをTKOで下した。

 関根は大の字にひっくり返し、シビサイも動けない。双方がノックダウンされたようだ。関根が涙を流しながら、シビサイと抱き合った。

激闘の証、試合後、両者共にマットの上で大の字

 マイクで関根は「勝って言いたかったことは3つある。一つは、UWF、プロレス、最強!2つ目は、今日大晦日、お正月でも働いてる警察官、最強!あとね、40代、50代、30代も60代も、まだまだ平成生まれに負けないね、昭和生まれ、最強!この3つを言いたかった」と3つの最強をアピール。

 続けて「だけど、もっと言いたいことがある。俺みたいなアラフィフの親父でも、日本最強に、根性があれば勝てるんだよ。病気があっても根性があっても、YA-MAN君もさっきいってたけど、諦めずに生きていればいいことあるから。何か悩みがあったら、俺に言ってくれや」と満面の笑みで吠えた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・『RIZIN』12.31 試合結果 速報(バンタム級T、サトシvs矢地、斎藤vs未来、天心vs五味、RENA、皇治、シバターほか)

・[本日の試合]朝倉海がバンタム級GP決勝進出!打撃戦で瀧澤謙太を判定で下す

・[本日の試合]扇久保博正が宣言通り執念の”塩漬け”で井上直樹を撃破、朝倉海へのリベンジ決勝へ

・[本日の試合]扇皇治が“魂の喧嘩ファイト”も敗北!激闘を制した”成り上がり”YA-MAN「自分の道は自分で切り開ける」と号泣

・[本日の試合]衝撃の番狂わせ!シバターが元K-1王者・久保優太に一本勝ち、「ざまぁみろ! ユーチューバーは強い」と大絶叫

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 新着情報 > 試合結果個別