TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【ONE】仙三の強烈左ボディ! 相手は”やめてくれ”ポーズで悶絶、逆転KO勝利

2022/01/14(金)UP

不利な状況の仙三だったが、3Rには強烈な打撃がクリーンヒット!最後にはボディでKO勝利(C)ONE

ONE Championship
『ONE: HEAVY HITTERS』
2022年1月14日(日本時間)シンガポール・インドアスタジアム

▼第4試合 総合格闘技(MMA)ストロー級
○池田仙三(日本)
KO 3R2分 ※左ボディブロー
●エリピツア・シレガー(インドネシア)

チョークで攻めるシレガー

 仙三は元プロボクサーで、MMAではパンクラスのフライ級王者。ONEには19年3月の日本大会から参戦し、ダニー・キンガッド 、リト・アディワンらフィリピン強豪勢に連敗するも、昨年12月にリャン・フイを下し、ONE初白星を手にした。

【動画】仙三の強烈ボディに相手は思わず”やめてくれ”ポーズ、KO勝利の瞬間

 仙三は当初、フィリピン強豪のジェレミー・ミアドと対戦予定だったが、ミアドが新型コロナ影響の為に欠場。レスリングベースのシレガーと対戦する。

シレガーの強烈なパンチがヒット

 1R、ボクシング出身の仙三が鋭いジャブを連打。右のカーフキックも放ち、リズムを作る。しかし、シレガーがカウンターのタックルで仙三の打撃に対抗。スタンド勝負では優位に立つも、このラウンドで2度のテイクダウンを許してしまう。

 2R、仙三が前進し左右のパンチを連打。強引に試合の流れを作ろうとするが、ラウンド中盤、シレガーにテイクダウンを許し、バックからのリアネイキッドチョークを仕掛けられる。絶体絶命の仙三だったが、チョークを外し危機を回避。しかし、右目まぶたをカットし、流血が目立つ。

仙三は3Rに強烈なボディでKO勝利(C)ONE

 3R、シレガー優勢の中、逆転を狙う仙三は序盤から力強いワンツーを放つ。そして仙三の強烈な左ボディがヒットし、シレガーの表情が曇る。
 シレガーが仙三の圧力に、カウンターのタックルで逃げるが、再び仙三の左ボディーが炸裂。苦悶の表情のシレガーが思わず手を突き出し”やめてくれ”ポーズ、レフリーが試合を止めた。

勝利した瞬間の仙三(C)ONE

 2連勝で念願のKO勝利を飾った仙三は勝利者コメントで「(相手は)強かった。危なかったです。いつもと同じ感じで、とにかく必死で戦いました」とコメント。
 フィニッシュブローについて「ボディーは狙っていました。ボディは得意なんで。まぐれかもしれない、ついてました」と、謙虚に笑顔で答え、最後に、アニメ・ドラゴンボールの必殺技カメハメ波ポーズで締めた。

◀︎今回の全試合結果 速報

 ▶︎次のページは【動画】仙三の強烈ボディに相手は思わず”やめてくれ”ポーズ、KO勝利の瞬間

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・『ONE』今回の全試合結果 速報

・世界を震撼させた“あの一撃”がやはり1位!ONEが“最もショッキングな瞬間”トップ5を発表

・【ONE】上久保周哉が圧巻の“裸絞め”一本!米国強豪ウォーゼンを下し6連勝

・K-1美女・菅原美優が『全力坂』で140mを全力で完走! 軽く息を切らすもファイターの余裕

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 新着情報 > 試合結果個別