TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【ONE】元K-1王者アラゾフがナタウットに初回KO勝利!桁違いの強さでフェザー級WGP決勝進出

2022/01/29(土)UP

元K-1王者アラゾフが豪快KO!©️ONE

ONE Championship
『ONE: ONLY THE BRAVE』
2022年1月28日(金・日本時間)シンガポール・インドアスタジアム
▼フェザー級 キックボクシング・ワールドGP準決勝
●スモーキン・ジョー・ナタウット(タイ)
KO 1R1分55秒
〇チンギス・アラゾフ(アゼルバイジャン)
※アラゾフがWGP決勝進出

アラゾフが左ハイキックを放つ©️ONE

 ナタウットはラスベガスを拠点とするムエタイ団体「ライオンファイト」で2階級制覇を成し遂げたタイ人ファイター。ONEでは19年8月にペトロシアンに敗れたが、次戦ではユーリック・ダフティアンを相手に右フックで衝撃的なKO勝利を収めている。

 アラゾフは17年6月に『K-1 WORLD GP』の第2代スーパー・ウェルター級(-70kg)王座決定トーナメントを制覇。1回戦で中島弘貴、準決勝でジョーダン・ピケオー、決勝で城戸康裕を破り、圧倒的な破壊力を見せつけた。翌年には日菜太の挑戦もKOで退けている。その後ベラトールを経てONEに参戦。前戦となったグランプリ開幕戦ではサミー・サナを左ボディで秒殺KOに沈めベスト4へ勝ち上がってきた。

 本来は同じく勝ち上がってきたマラット・グレゴリアン(アルメニア)と対戦予定だったが、グレゴリアンが新型コロナウイルス感染症陽性のため出場辞退。ナタウットとの対戦となった。

初回KO勝利で決勝進出を決めたアラゾフ

 1R、互いにローを打つとアラゾフは強いワンツー。ローを蹴るナタウットにボディも混ぜたパンチのコンビネーションを当てる。スイッチしつつミドルからパンチ、パンチからハイと流れるようなコンビネーションで攻めるアラゾフ、勢いのまま左アッパーでダウンを奪う。

 立ったナタウットだがアラゾフは止まらない。パンチ、蹴りを混ぜて攻め続けるとナタウットの右を華麗にスウェーでかわし、戻り際に左フックを打ち抜き2ダウン目。

 ナタウットは気持ちが折れたか尻餅のまま立ち上がらず。レフリーがストップを宣言し、アラゾフが桁違いの強さを見せてグランプリ決勝へと駒を進めた。

▶︎次ページは【動画】アラゾフが豪快KO!ナタウットは諦めたように立ち上がらず

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【ONE】全試合結果=2022年1月28日(箕輪ひろば、和田竜光、手塚裕之出場)

・【テレビ・配信】1.28『ONE』フェザー級キック世界GP準決勝、箕輪ひろば・和田竜光・手塚裕之ら参戦=生中継、配信情報

・【ONE】”日本人を潰しに来ている!?”今夜、手塚、和田、箕輪らが“試練の一番”に出陣!日の丸戦士は“世界”で勝てるのか=1.28

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 新着情報 > 試合結果個別