TOP > 試合結果個別

【K-1】篠原悠人、”猪突猛進”の瓦田脩二をいなして勝利!3連勝を飾る

2022/02/27(日)UP

篠原(右)が現役Krush王者・瓦田に勝利した

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~第3代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント』
2022年2月27日(⽇)東京体育館

▼第6試合 スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R
●瓦田脩二(日本/K-1ジム総本部チームペガサス)
判定0-3 ※三者とも29-30
○篠原悠人(日本/DURGA)

美川憲一が登場した

 瓦田は長い手足から繰り出すパンチ、ヒザ蹴りを武器にKrush王座を戴冠。勢いそのまま現役王者として、K-1の舞台に殴り込む。対する篠原は、K-1のリングでゴンナパー・ウィラサクレック、卜部功也などの強豪選手としのぎを削ってきた。直近は2連勝中だ。

 この試合にはスペシャルラウンドスターとして、歌手の美川憲一が花道に上がる。

篠原が瓦田を相手にアグレッシブに攻める

 1R、上半身を振りながら瓦田は、左のジャブを放つ。篠原は前後にステップを踏みながら、ガードを下げてワンツー。終盤、ガードを固めて距離を詰める瓦田は細かい左右のフック、右アッパー。篠原も近距離での左ボディフック。

 2R、瓦田がガードを固めて、左右のボディフックで篠原をロープに詰める。篠原も右フックを返し、左ジャブをヒット。篠原がワンツー、左アッパーを見舞うが、瓦田は下がらずにガードを固めて、篠原を追いかけ回す。

ガードを固める瓦田に、篠原は手数を出す

 3R、篠原が左ジャブで牽制すると、右のボディフックを強打。瓦田は左ロー、距離を詰めるとボディフックをヒット。パンチの手数では篠原、瓦田も下がらないが手数が少ない。瓦田が前に出続けるが、篠原の右ストレート、フックの印象が上。

 ジャッジは3Rに手数を出した篠原を3者とも支持。瓦田は圧力をかけたが、ヒットは得られず敗北、篠原はK-1で戦ってきた実力を見せた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・『K-1』2.27 全試合 結果速報(武尊vs軍司、朝久vs与座、Sバンタム級王座決定T)=K1 試合結果

・[本日の試合]玖村将史が圧倒的すぎる悶絶KO勝利、左三日月蹴りで鬼山桃太朗が沈む

・【K-1】里見柚己、延長Rラッシュで龍華に競り勝つ!3R終盤からの逆襲劇

・【K-1】武尊が本日参戦、6月の天心戦に向け井上尚弥とも練習、その途中経過に注目

・【K-1】魔裟斗、朝久空手vs極真空手に「朝久は打撃力アップ」と注目、与座はグラウベのような蹴りが脅威

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別