TOP > トップページ下部 > 新着情報 > 試合結果個別

【RIZIN】皇治が激戦を判定2-0で制す、梅野源治は悔しい表情

2022/03/20(日)UP

皇治が接戦を制す

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『RIZIN.34』
2022年3月20日(日)丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)
▼セミファイナル(第15試合) RIZIN キックボクシングルール(61.0kg):3分 3R
○皇治(TEAM ONE)
判定2-0 ※30-29×2、29-29
●梅野源治(PHOENIX)

【動画】皇治の左フック!ノーダウン判定だったものの、梅野が尻餅

攻める皇治

 皇治と梅野は昨年6月の『RIZIN.29』で行われた[RIZIN KICK ワンナイトトーナメント決勝戦(61.0kg)]で対戦し、皇治が開始序盤で偶発性のバッティングをしてしまい、梅野が続行不能となりノーコンテストとなっていたが、それ以来の再戦となる。

 1R、皇治が序盤から前進するが、梅野が懐に入らせまいと、強烈なローとミドル、前蹴りを放ち、得意な中間距離の間合いを作る。中盤、ローの蹴り合う両者。間合いを潰し始めた皇治が左ボディブローをヒットさせる。

梅野のバックブロー

 2R、梅野が皇治の前進に合わせ、梅野が左ミドル、ヒザ蹴りを合せる。踏み込んだ皇治のアッパーがヒット、さらに、皇治の右カーフキックに、梅野がバランスを崩す。リズムを掴んだ梅野は左ミドルを軸にヒザを織り交ぜたコンビネーションを見せるが、皇治は単発がちな攻撃が目立つ。

 3Rもお互い距離の取り合い。梅野は長いジャブと左ミドルを連発し蹴りの距離で戦い、皇治は懐に入ろうと前進を続ける。皇治の左フックに梅野がバランスを崩し、尻餅。一瞬ダウンかと思われたが、これはレフェリーがノーダウンの判断。梅野が左ミドルを連発すると、強引に突っ込んだ皇治の頭が当たり、梅野は顔をしかめる。

皇治(右)が激闘を制した

 至近距離での打ち合い、梅野のワンツーに、皇治が左右のボディを連打。残り1分、ジャブ、左ミドルと、バックステップを踏みながらの梅野に対し、皇治は追いかけながら、左フック。ここでゴングが鳴った。勝利を確信した梅野はガッズポーズ。しかし、判定は2-0で皇治の勝利。梅野は納得のいかない表情を浮かべた。

▶︎次ページは【動画】皇治の左フック!ノーダウン判定だったものの、梅野が尻餅

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【RIZIN】3.20 全試合 結果速報(弥益ドミネーター聡志vs萩原京平、皇治vs梅野源治など)

・【RIZIN】弥益ドミネーターが鮮烈の初回一本勝ち、萩原京平が衝撃のタップアウト!

・SB王者・笠原友希、衝撃の飛びヒザ蹴りKO!ベテラン元氣を沈める

・【RIZIN】“ボンサイ柔術”ヤマニハが一本勝ち!強豪・手塚基伸に裸絞めでリベンジ達成

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > トップページ下部 > 新着情報 > 試合結果個別