TOP > 試合結果個別

【RIZIN】弥益ドミネーターが鮮烈の初回一本勝ち、萩原京平が衝撃のタップアウト!

2022/03/20(日)UP

弥益(左)が腕ひしぎ三角固めを極めて勝利した

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『RIZIN.34』
2022年3月20日(日)丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)

▼メインイベント(第16試合) RIZIN MMA ルール(66.0kg):5分3R
〇弥益ドミネーター聡志(team SOS)
一本 1R ※腕ひしぎ三角固め
●萩原京平(SMOKER GYM)

【連続写真&動画】弥益が見事な腕ひしぎ三角固め、萩原は顔を歪めタップ

弥益が腕ひしぎ三角固めを極める瞬間

 弥益は元DEEPフェザー級王者のベテラン選手で打撃・寝技全てをハイレベルでこなすオールラウンダーで、会社勤めをしながら格闘技を続けるサラリーマンファイターでもある。RIZINでは朝倉未来に敗れるも、RISE王者ベイノアと激闘を展開し判定勝利した。

 対する萩原は破壊力のある打撃と歯に衣着せぬ物言いで注目を集めるアウトローファイター。RIZINでは平本蓮をTKOで破り、昨年は朝倉未来には判定で敗れたものの、同11月のRIZIN TRIGGERでは昇侍に強烈なサッカーボールキックでTKO勝ちを収めた。

 1R、いきなりバックスピンキックの萩原、これが弥益のボディへ当たり、吹っ飛ぶように弥益が尻餅、萩原はそこへジャンプして踏みつけに行く。タックルに来た弥益を受け止め上を譲らない萩原。スタンドになると萩原がワンツー、弥益はそれをかいくぐってタックルへ行くとバックを狙う。

 前へ落とそうとする萩原だが弥益は萩原の背中越しに片腕を掴みつつ、三角絞めを仕掛ける。さらに弥益は取っていた腕を離してしっかりと三角のクラッチを組むと腕も伸ばして十字も極める。萩原は苦悶の表情でタップアウトし、弥益が鮮烈な一本勝ちを収めた。

 勝利した弥益は試合後「正直、キャラ的にはもっと嫌味っぽいこと言わないといけないんですけど。めちゃくちゃアウェイで自分のファンとか応援なんて一人もいないと思ってたんですけど、これで勘違いして格闘技に専念しないように気を付けます」とサラリーマンファイターならではの控えめなマイクで締めた。

▶次ページ:【連続写真&動画】弥益が見事な腕ひしぎ三角固め、萩原は顔を歪めタップ

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【RIZIN】3.20 全試合結果 速報(弥益ドミネーター聡志vs萩原京平、皇治vs梅野源治など試合結果 速報中)

・【RIZIN】皇治が再戦を2-0の判定勝利、梅野源治は納得いかず

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別