TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【ONE】秋山成勲が衝撃の大逆転TKO勝利!青木真也をパウンド葬で14年の因縁に決着

2022/03/26(土)UP

パンチを打ち合う秋山(左)と青木©︎ONE Championship

ONE Championship
『ONE: ONE X』【第3部】 Aoki vs. Akiyama

2022年3月26日(土・日本時間)シンガポール・インドアスタジアム

▼第3試合 MMAライト級(5分3R)
●青木真也(日本)
TKO 2R1分50秒 ※パウンド連打
〇秋山成勲(日本)

柔道着で入場する秋山©︎ONE Championship

「最凶決戦」と銘打たれた因縁の日本人対決。両者は、2008年9月に開催された総合格闘技イベント『DREAM.6』からの14年越しの因縁がある。試合後に青木が秋山へ対戦を要求したが、これを受け入れてもらえなかった。
 そして昨年9月、ONEに所属していた2人に対して対戦オファーが届いたが秋山がケガを理由にオファーを断り、試合が消滅。しかし同年10月に開催された『Road to ONE: 5th Sexyama Edition』で青木が試合後、解説席の秋山をマイクで挑発すると秋山も「まあ待ってろよ」と返答し、今年3月に対戦が正式に決定した。

【フォト】秋山が豪快パウンドでTKO! 被弾し苦しむ表情の青木

おぶさるように秋山のバックに付く青木©︎ONE Championship

 試合は1R、前手を伸ばし詰めていく秋山に青木はすぐにシングルレッグタックル。背を向けた秋山のバックに付き、おぶさるようにバックへ着く。足で4の字ロックを組んでポジションをキープするとチョークを狙う青木。
 秋山は立ってケージに額をつけてもたれかかるようにしながらディフェンスし、何とか首に回った腕を外す。すると青木はヒジ、パウンドを落として秋山を削っていく。フェイスロック気味に再びチョークに行く青木に対し秋山はひたすら耐える。そのままラウンドが終了。

秋山の強打に、苦しい表情の青木©︎ONE Championship

 2R、右のフェイントを見せながら詰める秋山に青木はタックル、しかし秋山は防ぐ。青木が再びシングルレッグに来ると秋山は片足を取られながらパンチ。そして四つへ持ち込む。

 テイクダウンを防いで離れることに成功した秋山は右を打ち込むと青木もパンチを返す。すると打ち合いになる中で秋山の右ストレートがヒット!
 これが効き青木の動きが止まる。ラッシュに来る秋山に棒立ちでパンチをもらい続ける青木。何とか胴に組み付くが体に力が入っていないか、秋山に頭を押し下げられるとクラッチをほどかれヒザを着いてしまう。座り込んだ状態のままパンチを受け続ける青木、秋山が顔面にヒザも入れて、パウンドをまとめると遂にレフリーがストップした。1ラウンドのピンチを乗り切り、秋山が大逆転勝利で14年の因縁に終止符を打った。

パウンドをまとめる秋山©︎ONE Championship

 試合後のインタビューで秋山は1ラウンドのピンチについて聞かれると「途中で負けそうになりましたけど“セクシーヤマ”ってみんなが言ってくれたんで力が入りました」と声援が力になったとコメント。
 勝負の決め手については「2ラウンドが始まった時に青木選手の顔を見たら、一瞬、引いたんですよね。目が。そこが狙い目だと思い、ここで行かないと負けちゃうと思っていきました」と話した。

秋山(右)が勝利©︎ONE Championship

 元ONEライト級王座青木は、今回の敗北でMMAキャリア48勝10敗。対する秋山は前戦の1ラウンドKO勝利に続き連続KO勝利となった。これでキャリア16勝7敗のうち14フィニッシュ勝利(7KO・7一本)と高い試合決定率となった。

※この大会の全試合結果はこちら

▶︎次ページは【フォト】秋山が豪快パウンドでTKO! 被弾し苦しむ表情の青木

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【ONE】青木と秋山が緊迫の睨み合い、秋山の超マッスルぶりに「階級違う」と実況

・『ONE X』3.26 全試合 結果速報(青木真也vs秋山成勲、ロッタンvsDJ、若松佑弥、秋元皓貴、平田樹など)

・何だこの背筋は!秋山成勲が鬼が宿る”刃牙”化!青木戦へ向け筋トレと減量

・【ONE】青木真也と秋山成勲の因縁対決に、まさかの桜井マッハ速人!「酔っ払いが来るところじゃない、帰れ」と青木が嫌悪感

・【テレビ・配信】3.26『ONE』青木真也vs秋山成勲ほか生中継・放送・配信情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 新着情報 > 試合結果個別