TOP > 試合結果個別

【K-1】元王者・ゴンナパー、NJKF王者・鈴木翔也を左ヒザ蹴りで貫録KO

フォロー 友だち追加
2022/04/03(日)UP

ゴンナパーの左ヒザ蹴りが炸裂

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~K’FESTA.5~』
2022年4月3日(日)東京・国立代々木競技場 第一体育館

▼第10試合/スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R
〇ゴンナパー・ウィラサクレック(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム)
KO 1R 2分13秒 ※左ヒザ蹴り
●鈴木翔也(日本/OGUNI-GYM)

ゴンナパーが最初のダウンを奪う

 ゴンナパーは、K-1のリングでムエタイの強さを見せ続け、第4代K-1 WORLD GPライト級王者、第5代Krushライト級王者となった。昨年の初防衛戦で朝久泰央に延長判定で敗北し、ベルトを失ったが、続く12月には西京佑馬に勝利して復帰を果たしている。

 対する鈴木は、NJKFで2階級制覇を達成した他団体王者。鋭いパンチのカウンターを誇り、2月にKrushで弘輝に逆転KO勝利を収めて、絶大なインパクトを残した。今回が節目の50戦目となる。

 1R、ゴンナパーはサウスポー。近距離で鈴木が右アッパーを放つ。ゴンナパーが左ミドルから左ストレートを出す。すると早くもゴンナパーが、タイミング良く左ストレートをヒットさせてダウンを奪う。

崩れるように倒れた鈴木

 鈴木は落ち着いて立ち上がるが、ここからはゴンナパーの独壇場。ゴンナパーは、左ミドル、ロー、ハイキックを強打して鈴木に手を出させない。最後は、ゴンナパーが強烈な左のヒザ蹴りを鈴木の顔面へクリーンヒット。鈴木が崩れるように倒れて、続行不可能に。ゴンナパーが貫録のKO勝利を飾った。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・4.3全試合 結果 速報(K1無差別級T・石井慧、京太郎、山崎秀晃vs大和哲也タイトル戦、野杁、安保、江川ほか)=K’FESTA.5

・【K-1】“狂拳”竹内裕二、5年振り復帰で成合をKO!衰え知らずの拳で粉砕

・【K-1】不可思、猛烈連打で小嶋瑠久にTKO勝利「這い上がってベルト獲る」

・【K-1】京太郎がボディ&顔面にパンチ連打、右フックでKO勝利=無差別級T一回戦

・【K-1】鈴木勇人、強打の林健太を打ち倒しK-1初勝利

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る
●新着情報

TOP > 試合結果個別