TOP > 試合結果個別

【K-1】サッタリが京太郎を下して決勝進出!豪快左フックで優勢、スリリングな攻防制す=無差別級T

フォロー 友だち追加
2022/04/03(日)UP

サッタリ(左)が判定で京太郎を下した

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~K’FESTA.5~』
2022年4月3日(日)東京・国立代々木競技場 第一体育館

▼第11試合/K-1 WORLD GP 2022 K-1無差別級トーナメント・準決勝(2)/3分3R・延長1R
●京太郎(日本/チーム未完)
判定0‐2 ※29‐29、28-30×2
〇マハムード・サッタリ(イラン/TEAM ŌTA/ICF)

 1日3試合の過酷なワンデートーナメント。決勝では、前の試合で加藤久輝をハイキックでKOした谷川聖哉が待つ。

【動画】サッタリと京太郎のハイレベルな攻防

 京太郎は、旧K-1でピーター・アーツやジェロム・レ・バンナ、武蔵など多くの強豪を撃破。その後、ボクシングに転向し、21年に新生K-1へ電撃復帰。トーナメント本命との呼び声が高く、1回戦は坂本英則を自慢のパンチでKOしている。

サッタリ(右)と京太郎がスリリングな攻防を展開

 対するサッタリは、プロ戦績17戦17勝(10KO)と無敗のKrushクルーザー級王者。無差別級トーナメントにも関わらず、昨日の前日計量では85kgと最軽量。スピードと圧倒的破壊力を武器に、高いKO率を誇る“イランの暴君”だ。1回戦では、元K-1王者のK-Jeeを1R KOで沈めている。

 1R、サッタリがフェイントをかけながら、右ローを強打。サッタリの左フック、後ろ回し蹴りを京太郎は交わす。ボディストレートを見舞うサッタリに、京太郎はクリンチ。サッタリはバックスピンキックを放ち、左右のフックを振り回す。

パンチで攻める京太郎

 2R、サッタリは左ロー、左ジャブを放つ。飛び込んでの左フックを見舞うサッタリは、掴んでのヒザ蹴りで注意を受ける。京太郎は右ローをコツコツ蹴る。サッタリは右ハイキック。京太郎は右ミドルを蹴り、サッタリのフックは頭を下げて避ける。

 3R、サッタリが左ジャブを伸ばすと、京太郎は右フックを放つ。両者ともローを蹴り込む。サッタリはカウンターの左フックをヒット。京太郎がサッタリを追いかけ、細かいパンチで攻める。サッタリは両手を挙げて勝利をアピールし、終了のゴングが鳴った。

 ジャッジは1者がドローとしたが、2者がサッタリを支持。サッタリが旧K-1王者の京太郎を下して、谷川聖哉が待つ決勝へ進出した。

※全試合結果はこちら

▶︎次のページは【動画】サッタリと京太郎のハイレベルな攻防

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・4.3全試合 結果 速報(K1無差別級T・石井慧、京太郎、山崎秀晃vs大和哲也タイトル戦、野杁、安保、江川ほか)=K’FESTA.5

・【K-1】谷川聖哉がハイキックで1R逆転KO勝ち、決勝進出

・【K-1】元王者・ゴンナパー、NJKF王者・鈴木翔也を左ヒザ蹴りで貫録KO

・【K-1】不可思、猛烈連打で小嶋瑠久にTKO勝利「這い上がってベルト獲る」

・【K-1】サッタリ、K-Jeeを1R KOで初戦突破

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る
●新着情報

TOP > 試合結果個別