TOP > 試合結果個別

【K-1】椿原龍矢、王座陥落後の再起戦でKrush王者・新美に勝利

フォロー 友だち追加
2022/04/03(日)UP

前K-1フェザー級王者の椿原(左)が、Krush同級王者の新美(右)に勝利

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~K’FESTA.5~』
2022年4月3日(日)東京・国立代々木競技場 第一体育館

▼第13試合/スーパーファイト/K-1フェザー級/3分3R・延長1R
〇椿原龍矢(日本/月心会チーム侍)
判定3-0 ※30-29×2、30-28
●新美貴士(日本/名古屋JKファクトリー)

パンチを打ち込む新美

 椿原は巧みなステップワークとアウトボクシングを駆使して昨年3月・江川優生を撃破、K-1フェザー級王者となった。しかし同王座は12月の防衛戦で軍司泰斗に敗れて失い、今回は再起戦となる。

 新美は昨年6月、わずか16秒でのKOで防衛を果たしたKrushフェザー級王者。この試合は昨年のK-1グループ年間最短KOとなっており、現フェザー級王者の軍司とも昨年9月に打ち合いのやまない激闘を演じている(新美の判定負け)。

 新美は1Rの開始から距離を詰めていくが、椿原は右ストレート、右ボディストレート、ヒザと新美に放ち近寄らせない。左フックの上下打ち、ハイキック、飛びヒザと椿原は攻めにバリエーションを見せる。

椿原のハイキック

 2R、椿原は前蹴りとプッシングを使い、新美をやはり近づかせない。ステップワークも合わせ、新美のプレッシャーを正面で受けていない。

 3Rも椿原は攻め寄る新美を逆に押して下がらせる。新美はしかし左ストレート、右フックと椿原をとらえ始めるが、すると椿原もミドルを返し、連打からのハイキックと攻撃の手数を増やし、新美を押していく。

 判定は30-29、30-28、30-29の3-0で椿原。K-1王座陥落後の再起戦で勝利した。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・4.3全試合 結果 速報(K1無差別級T・石井慧、京太郎、山崎秀晃vs大和哲也タイトル戦、野杁、安保、江川ほか)=K’FESTA.5

・【K-1】サッタリが京太郎を下して決勝進出!豪快左フックで優勢、スリリングな攻防制す=無差別級T

・【K-1】谷川聖哉がハイキックで1R逆転KO勝ち、決勝進出

・“狂拳”竹内裕二、5年ぶり復帰で成合をKO!衰え知らずの拳で粉砕

・【K-1】石井慧、1回戦KO勝ちも無念のドクターストップ!肋骨骨折か、代打に加藤久輝=無差別級T

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る
●新着情報

TOP > 試合結果個別