TOP > 試合結果個別

【K-1】大岩龍矢、元フェザー級王者・江川優生の転向第1戦で阻止

フォロー 友だち追加
2022/04/03(日)UP

大岩(右)が怒涛のプレスで江川(左)の転向初勝利を阻止

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~K’FESTA.5~』
2022年4月3日(日)東京・国立代々木競技場 第一体育館

▼第15試合/スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
●江川優生 (日本/POWER OF DREAM)
判定0-3 ※29-30×2、28-30
〇大岩龍矢(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

江川(右)に右フックをヒットさせる大岩

 江川は元K-1フェザー級王者。昨年3月のタイトル戦で椿原龍矢に判定で敗れ王座陥落、今回は約1年ぶりの復帰戦だ。タイトル奪還ではなく、2階級制覇を目指し、K-1のカリスマ・武尊がベルトを巻くスーパー・フェザー級へ挑戦する。

【動画】大岩と江川、激しいパンチの応酬

 対する大岩は、前に出る圧力とタフネスが武器であり、武尊の盟友。昨年3月に山本直樹をKOで下し勢いがつくと、同11月にBigbangの横浜大会に参戦。琢磨を下し第4代Bigbangライト級王者に輝いた。

大岩の圧力にカウンターを合わせに行く江川(右)

 両者は昨年7月の福岡大会で対戦する予定だったが、江川がコロナ禍の影響により欠場。今回ついに対戦が実現する。

 1R、江川は左右のローから左右フックを上下打ちしていくが、大岩はブロックして当てさせない。前に出て圧力を掛ける大岩。江川はロープ際まで下がらせられる。大岩が右ストレートを打ち込み1Rを終える。

 大岩は2Rも前に出て右ストレート、ワンツー、ボディストレート。大岩は圧力を効かせ、江川が連打で来ても前に出て、逆に連打からのカーフキックを江川に効かせる。

盟友でこの階級の王者・武尊(右)も大岩のセコンドに

 3R、江川も大岩に対抗して前に出る。江川が右ローを入れれば、大岩もボディにヒザを入れ返す。大岩はやはり圧力で上回って江川をロープ際まで下がらせ連打で攻めて終える。

 判定は3-0(30-29、30-29、30-28)で大岩。元K-1フェザー級王者・江川を降した。

※全試合結果はこちら

▶︎次のページは【動画】大岩と江川、激しいパンチの応酬

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・4.3全試合 結果 速報(K1無差別級T・石井慧、京太郎、山崎秀晃vs大和哲也タイトル戦、野杁、安保、江川ほか)=K’FESTA.5

・[本日の試合]サッタリが京太郎を下して決勝進出!豪快左フックで優勢、スリリングな攻防制す=無差別級T

・[本日の試合]谷川聖哉がハイキックで1R逆転KO勝ち、決勝進出

・[本日の試合]“狂拳”竹内裕二、5年振り復帰で成合を2R KO!衰え知らずの拳で粉砕

・【K-1】石井慧、1回戦KO勝ちも無念のドクターストップ!助骨骨折か、代打に加藤久輝=無差別級T

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る
●新着情報

TOP > 試合結果個別