TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【RIZIN】関根シュレック、貴賢神をTKO葬「格闘技は暴力には負けない」と絶叫

2022/04/16(土)UP

サッカーボールキックを放つシュレック

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『RIZIN TRIGGER 3rd』
2022416日(土)東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ

▼第7試合 RIZIN MMAルール(無差別):5分3R
〇関根“シュレック”秀樹(ボンサイブルテリア)
KO 2R 3分49秒 ※グラウンドキック
●貴賢神(フリー)

関根の右ストレートがクリーンヒット!

 関根は、プロレスラー、柔術全日本王者でサブミッションのスペシャリスト。元警察官で48歳の“アラフィフ”ファイターだ。昨年の大晦日では、シビサイ頌真を鉄槌連打でKOして、絶大なインパクトを残している。

【フォト】関根の豪腕ストレートが貴賢神のアゴを打ち抜く!そしてKOの瞬間

 貴賢神は、スダリオ剛の双子の弟。少年時代より空手やキックボクシングを学び、中学卒業後に相撲を始め、17年には新十両に昇進を果たした。しかし、21年に不祥事を起こして相撲界から引退。昨年大晦日に正式にMMAファイターへの転身を発表していた。今回でMMAのデビュー戦を行う。

関根が勝利の咆哮

 1R、両者ともオーソドックス構え。体格で上回る貴賢神が、前手を出しつつ圧をかける。関根はステップを踏みながらワンツー、右ロー。貴賢神が右ローをヒット、左ジャブで牽制する。関根が飛び込んでの左フックを強打。貴賢神が右ストレートをカウンターで合わせ、ワンツーを豪快に放つ。貴賢神は右手でフェイントをかけつつ、余裕を見せる。

 2R、貴賢神が右のカーフキックを蹴ると、関根が左右のフック。すると関根が、タックルを仕掛け、ケージに詰めて、テイクダウンに成功。貴賢神はケージを背にして立つが、関根が横に押し倒して再びテイクダウン。

 後ろからジャーマンを狙いつつ、パウンドを放つ関根。貴賢神が立つも、関根はしつこく上から抑え、サイドポジションへ移行。そこからヒザ蹴り、パウンドで圧をかける関根が圧倒する。関根がバックからパンチを打ち付けると、そこから距離を離して、右のサッカーボールキック!そこから強烈なパウンドを2連打すると、ダメージを見たレフェリーが割って入り、関根が鮮烈KO勝利を飾った。

 勝利した関根は「おいおい。格闘技はね。暴力には負けない。正義は負けねえ。プロレス最強!!ボンサイ柔術最強、昭和最強、じゃあね。ケージは盛り上げたから、矢地(祐介)選手、後はお願いします」とアピールした。

※全試合結果はこちら

▶︎次ページは【フォト】関根の豪腕ストレートが貴賢神のアゴを打ち抜く!そしてKOの瞬間

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【RIZIN TRIGGER】4.16 全試合 結果速報(グスタボvs矢地祐介、関根“シュレック”秀樹vs貴賢神ほか)ライジントリガー

・【RIZIN TRIGGER】“クローン病と闘う”の征矢貴が魂の復活勝利、中務修良をKOで下す

・【RIZIN TRIGGER】“レッグハンター”須藤拓真が無敗の6連勝、渡部修斗との接戦を制す

・【RIZIN TRIGGER】金太郎ぎっくり腰で欠場「体に力が全く入らず、一歩も動けない」倉本一真戦は中止に=4.16

・【RIZIN】ド迫力の怪獣ポーズ! 貴賢神のパワーか関根のジャーマンか、勝つのはどっちだ⁉=4.16前日計量

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 新着情報 > 試合結果個別