TOP > 試合結果個別

【RIZIN】“極真世界王者”上田幹雄がMMAデビュー戦で衝撃のKO負け!52歳の髙阪剛が涙の引退で有終の美を飾る

2022/04/17(日)UP

52歳の髙阪(左)が極真世界王者の上田をKO

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『RIZIN.35』
2022年4月17日(日)東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナ

▼第7試合 RIZIN MMAルール(120.0kg):5分3R
〇髙阪剛(ALLIANCE)
TKO 1R 2分5秒 ※パウンド
●上田幹雄(BRAVE)

ハイキックを効かせる上田

 1995年にデビューした髙阪は、今回が引退試合となる。リングス、PRIDE、UFC、パンクラス、そしてRIZINとメジャー団体を渡り歩き、エメリヤーエンコ・ヒョードル、ミルコ・クロコップ、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ、マーク・ハントといった世界のヘビー級強豪選手と戦ってきた。

【動画】髙阪がパウンド5連打!TKOの瞬間

 対する上田は2019年に開催された第12回世界大会優勝者で、昨年8月31日をもって国際空手道連盟極真会館(松井章奎館長)を退会し、MMA挑戦を表明していた。BRAVEジムで練習を重ね、今回が待望のMMAデビューとなる。

髙阪がパウンド5連打!

 1R、上田が前に出てハイキック、前蹴り。これを効かせた上田は組んで上からパウンドをヒット。耐える髙阪はシングルレッグテイクダウンへ。上田は足で突き放して、スタンドに戻す。

 上田は近距離で左のヒザ蹴りを髙阪の顔面へ、左右のフックを離れ際に見舞う。上田は右ロー。すると、髙阪は渾身の右フックを強打。これをクリーンヒットさせ、上田が倒れると、髙阪は追撃してパウンド5連打!レフェリーがストップし、髙阪が有終の美を飾った。勝利した髙阪は涙を流し、ファンの大きな歓声に応えた。

レフェリーが止めた

 マイクを持った髙阪は「今日の試合に向けて、沢山のありがとうがあります。この最後の試合をRIZINのリングで実現してくださった榊原社長、スタッフの皆さん、動いてくださった全ての方、練習仲間、家族、デビュー戦から応援してくださっている方、ありがとうございました」と感謝を述べる。

10カウントゴングを聞く髙阪

 さらに、世界中の強豪と戦いパンチを貰ったことにより、頭には骨折の跡があることを告白し「いつもボコボコにされるたびに『頑張らないと世界に勝てない』と思わせられました。化け物たち、本当にありがとう。致命傷に至らず、52歳という年齢で戦えるように生んでくれた両親と、2人の兄貴には感謝です。ありがとう」と語りかけた。

 その後、10カウントゴングを聞き、リングを後にした。数々の強豪と戦ってきた52歳のレジェンドの歴史が幕を閉じた。

※全試合結果はこちら

▶︎次ページは【動画】髙阪がパウンド5連打!TKOの瞬間

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【RIZIN】4.17 全試合 結果 速報(サトシ・ソウザvsジョニー・ケース、牛久絢太郎vs斎藤裕、浜崎朱加vs伊澤星花など)ライジン 試合結果

・【RIZIN】武田光司が衝撃の失神一本負け!“新日強豪”カーライルのギロチンチョークに沈む

・『テレビ・配信』4.17「RIZIN.35」サトシvsケース、牛久vs斎藤、浜崎vs伊澤ほかTV放送・ネット配信・生中継情報

・【RIZIN】“日本ヘビー級の雄”シビサイ頌真が復活の初回KO勝利!9戦全勝のラトビア怪物・ビギスをパウンド葬

・【RIZIN】元谷友貴が2連勝、“ボンサイ柔術”ヤマニハを封殺しバンタム級実力者対決を制す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別