TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【HEAT】アキラにも勝利した岡野裕城が、ダウンからの逆転一本勝ちで新王者に

2022/05/07(土)UP

岡野が新王者に

HEAT事務局
『HEAT50』
202257日(土)愛知・名古屋国際会議場 イベントホール

▼第9試合 HEAT MMA ライト級タイトルマッチ 5分5R
●草MAX(TEAM CLIMB/2011年パンクラスNBT ウェルター級優勝)
一本 2R4分45秒 ※リアネイキドチョーク
◯岡野裕城(マッハ道場)
※岡野が新王者に

 ライト級王者・草MAXはこれまでパンクラスでキャリアを積み、20年からHEATに参戦、同年9月大会で阿部右京をTKOに下し王座に就いた。

 対する岡野は修斗・DEEPでキャリアを積み、19年には現在RIZINで活躍するアキラにKOで勝利。21年にHEATに初参戦すると、ライト級王座時期挑戦者決定戦で菅原和政に勝利し今回のタイトルマッチを掴んだ。

 1R、サウスポーの草MAXと岡野は互いに、ジャブを放ち合い距離を測る。前に出る岡野のジャブ、右ミドルが入る。草MAXは下がりながら、右カーフを入れる。

新王者となった岡野

 2R、互いにリズムを早めるも展開は変わらず。ラスト1分、草MAXのパンチで岡野がダウン。そのままケージへ詰め、タックルからパウンドの草MAX。
 しかし岡野は組み付いてタックル。立ちあがろうとした草MAXの後ろを取り、バックマウントからパウンドする岡野。岡野はそのままリアネイキドチョークに入ると、ラスト15秒、草MAXがタップした。

 新王者となった岡野は「ベルト撮ったら泣いちゃうかなと思ったけど、泣かないということはまだまだもっとなので、上を目指します」と更なる高みを目指すと意気込んだ。

 

●編集部オススメ

・”流血のマドンナ”鈴木万李弥、純白セパレーツ姿でマッスルポーズ!=小澤聡子と激突

・【HEAT】5.7 全試合 結果 速報=皇治vsダウサコン、春日井”寒天”たけし引退試合、ライト級タイトル戦など

・[本日の試合]“流血のマドンナ”鈴木万李弥が小澤に判定勝利!多彩な攻撃テクニックを見せる

・皇治が仕上がった身体で計量パス!「世話になったHEATを俺が盛り上げる」=5.7名古屋

・【DEEP JEWELS】中井りん、ナース衣装で計量パス、フライ級トーナメント制覇へ向けて気合いのマッスルポーズ=5.8

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 新着情報 > 試合結果個別