TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【HEAT】春日井“寒天”たけしの引退試合はドロー、涙の挨拶に「格闘技をやってきて良かった」

2022/05/07(土)UP

引退試合を行った春日井

HEAT事務局
『HEAT50』
202257日(土)愛知・名古屋国際会議場 イベントホール
▼第11試合 HEAT MMA 65kg 5分3R
△春日井”寒天”たけし(志村道場/第2代、第5代HEAT MMAバンタム級王者、初代HEAT MMAフライ級王者)
ドロー判定0-1 ※29-29×2、28 -29
△笹晋久(パラエストラ柏/全日本アマチュア修斗選手権ライト級優勝(2016)、修斗バンタム級新人王(2017))
※春日井は引退試合

 春日井は、かつてHEATでバンタム・フライの二階級制覇を成し遂げ、これまで手塚基伸、清水俊一といったUFC経験者にも勝利してきた。21年にはRIZINに参戦するも扇久保博正、今成正和に連敗と奮わず引退を決意。今回が最後の試合となる。

 その相手を務めるのは、2017年修斗バンタム級新人王で、現在はDEEPを主戦場にする笹。今回がHEAT初参戦となる。

 1R、サウスポーに構えた笹が、強烈な右のインロー。組み付きケージに押し付ける春日井に、笹は小手を入れ倒されない。
 春日井が前へ出て左ローで攻めると、今度は笹が組み付きケージへ押し込みに行く。
 さらに、ハイキックも出す春日井がタックルに行くと、笹ががぶる。すると春日井が首を抱えながらフロントチョークを入れにゆく。極まりかけるも、笹はなんとかしのいで立ち上がる。

 2R、深く構えフックで前に出る笹に、春日井が組みに行くも、笹が差し返しケージへ押し付ける。打撃と差し合いが続く。

 3R、フックで圧力かける笹に、寒天が組みに行くもまたも差し返される。笹の左フックに合わせ、寒天が倒しに行くも、笹が上に。しかし笹が立ち上がり、寒天は飛びヒザ。またも飛び込む春日井だが、笹をテイクダウン出来ず。

 ラスト1分半、スタンド勝負を決意したかのような春日井が、手数を上げ、左右のストレートを入れてゆく。被弾の笹が組みに行くも、春日井はヒザ、ローを打撃を諦めず。最後はパンチの応酬でゴングとなった。

 判定は2者が29-29ドローで、1者が29-28で笹のドロー。笹は深くお辞儀をし、ケージを去った。

 この後、春日井の引退セレモニーが行われ、春日井の故郷・恵那市町と、志村館長から花束が贈呈されると、春日井の涙は止まらず。

 春日井はマイクで感謝の言葉を述べ「バチバチに殴り合ってKOしますよと言ったんですけど、結果ドローで。僕はこういう戦いしか出来なくて、でも最後まで格闘技をやってきて良かったと思っています」とコメント。
 今後は「僕が行けなかったUFC。これからは後輩たちに僕が培った技術を惜しみなく教えて、サポートしていけたらと思います」と後進の育成を行うと語った。

●編集部オススメ

・【HEAT】5.7 全試合 結果 速報=皇治vsダウサコン、春日井”寒天”たけし引退試合、ライト級タイトル戦など

・【HEAT50】前日計量 全結果=皇治、春日井”寒天”たけし、アビラル、鈴木万李弥ら

・【HEAT】”流血のマドンナ”鈴木万李弥、純白セパレーツ姿でマッスルポーズ!=小澤聡子と激突

・[本日の試合]“流血のマドンナ”鈴木万李弥が小澤に判定勝利!多彩な攻撃テクニックを見せる

・中井りん、ナース衣装で計量パス、フライ級トーナメント制覇へ向けて気合いのマッスルポーズ=5.8

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 新着情報 > 試合結果個別