TOP > 試合結果個別

【UFC】“引退間近”のショーグンが前に出れず判定負け、サン・プルーに雪辱を果たせず

2022/05/08(日)UP

ハイキックを受けるショーグン©️UFC

WME-IMG
『UFC 274』
202258日(日本時間)米国アリゾナ州フェニックス /フットプリント・センター
▼ライトヘビー級
●マウリシオ・ショーグン・フア(ブラジル)
判定1-2 ※27-30、29-28、28-29
〇オヴィンス・サン・プルー(米国)

パンチを振るショーグン©️UFC

 マウリシオ・ショーグンの名でPRIDEで活躍し、日本の格闘技ファンにもおなじみのフア。これまでPRIDEミドル級GP2005で優勝し、UFCでも2010年にはリョート・マチダを下しライトヘビー級王者に就いた。今回は2020年にポール・クレイグに敗れて以来2年ぶりの試合となる。ショーグンは昨年のメディアの取材で、残り1、2試合での現役引退の意志があることを明らかにしていた。

 対するサン・プル―も2013年からUFCに参戦する39歳のベテランファイター。2017年のUFC日本大会では岡見勇信を、ヴォン・フルー・チョークで絞め落とすなど高いフィニッシュ力を持ち、25勝のうち20勝がKO・一本での決着。
 両者は14年に対戦し、サン・プル―が1ラウンドわずか34秒でTKO勝利。実に8年ぶりの再戦となる。

 1R、オーソドックスのショーグンにサウスポーはサン・プルー。互いに前手を伸ばしてけん制し合う中、インローを蹴っていくショーグン。サン・プルーもミドル、前蹴りを放っていく。オーバーハンドのフックを振って入っていくショーグンだがサン・プルーは距離を取って防ぐ。

 2R、インローのショーグンに前蹴りのサン・プルー。ショーグンはタイミングを見てパンチを振って飛び込むが、なかなか距離が詰まらない。手数の少ないサン・プルー、ラウンド終了間際には飛び込んでパンチも見せるが当たらず。

 3R、タックルから組み付いたサン・プルーだがテイクダウンは取れず。ショーグンはローを打ちつつ、距離が詰まったタイミングでパンチを振るがその後が続かない。中盤から徐々にサン・プルーがプレッシャーをかけ、前蹴りからストレートを放つ。しかし最後まで大きな展開はなく試合終了。

 判定は21でサン・プルー。互いに攻めあぐねる中で前蹴りとストレートを的確に当て勝利を手にした。

●編集部オススメ

・5.8『UFC』全試合 結果 速報(オリベイラvsゲイジー、ナマユナスvsエスパルザほか)

・【UFC】40歳を迎える元PRIDE&UFC王者ショーグン、“現役引退”秒読みに「次が最後のつもりで戦う」

・【UFC】王者オリベイラがまさかの計量失敗で王座剥奪!会場は大ブーイング

・【UFC】“坊主女子”王者ナマユナスがマッスルポーズで計量パス!=5連勝のエスパルザと激突

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別