TOP > 試合結果個別

【DEEP JEWELS】東よう子、KINGレイナを撃破し王座戴冠!タックル&打撃で封じ込め完封

2022/05/08(日)UP

東(上)がKINGレイナを封じ込め、新王者となった

DEEP事務局
『skyticket Presents DEEP JEWELS 37~フライ級GP 2022 FINAL ROUND~』
2022年5月8日(日)東京・後楽園ホール

▼第5試合 DEEP JEWELSフェザー級王者決定戦 5分3R
〇東よう子(リバーサルジム新宿 Me,We)
判定5-0 ※29-28、30-26×3、30-27
●KINGレイナ(フリー)
※東が新王座に就く

右ストレートで飛び込むレイナ

 東は柔道で02年全国高等学校選手権優勝、03年フランスジュニア国際大会3位などの実績を持ち、17年12月にパンクラスでプロデビュー。プロ戦績は6勝2敗。

 レイナは柔道をバックボーンに16年にプロデビュー。一本勝ちやTKO勝利を連発し、ビッグマウスも相まって人気選手に。『RIZIN』や『DEEP JEWELS』で勝ちを重ねてきた。前戦は、昨年12月に元自衛隊員ファイターのTe-aにパウンド連打からの一本勝ちを収めている。

東が右ローで攻める

 両者は昨年6月に対戦しており、その時は東が判定勝利している。今回はベルトをかけての再戦となる。5人のジャッジで、1Rごとにマストジャッジで判定される。

 1R、両者ともオーソドックス。レイナが右ストレートで飛び込むと、東は右ローを返す。東がタックルを仕掛けたが、レイナがすぐさま切って、顔面へのヒザ蹴りで応戦。スタンドで東が左ジャブで牽制、レイナは右ストレートを見舞う。残り1分、東が右ロー、レイナは近距離でのヒザ蹴りを放つ。

足関節を狙うレイナ

 2R、東は左ジャブを多用、レイナは右のオーバーハンドを出す。東がタックルで押し倒し、上になる。レイナは下から足関節を狙う。東は左のパウンドを見舞う。東がバックに回って、パウンド。レイナは立とうとするが、バックから東がパウンドをコツコツ見舞う。ケージを使ってレイナは立つが、再度東は押し倒して上からキープし、パウンドを放つ。東がパンチで削り続ける展開に。ゴング後、レイナはヒザをつき、体力の消耗が伺える。

バックからパンチを打ち下ろす東

 3R、東が左ジャブから右ロー、レイナは右ストレートを放つ。スタミナの消耗からか、レイナは手数が少ない。左ジャブをボディへ突き刺す東。右カーフキックを走らせる東は、左フックのカウンターを狙う。レイナはワンツーを見舞うが、東はサイドステップで交わす。レイナのタックルを交わす東。残り1分、東がタックルを決める。上になった東がパウンドをコツコツ見舞う。そのまま東が攻め続けて、レイナを封じ込んだ。

ベルトを巻いた東

 ジャッジは5者全員が東を支持。東がシルバーの輝かしいベルトを獲得した。

 東はマイクを持つと「チャンピオンです。日本だと小さい階級が多いけど、DEEPはじめバンタム級以上の選手も出てきているので、これを機会に重量級も盛り上げていきたい」とアピール。さらに「夢をこれからも一緒に追ってくれたら嬉しい」と集まったファンに語りかけた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【DEEP JEWELS】5.8 全試合 結果 速報(中井りん・杉山しずか出場フライ級GP決勝ほか)

・【DEEP JEWELS】中井りんが圧巻の腕十字一本勝ち、盤石の強さで杉山しずかとの決勝へ

・【DEEP JEWELS】長野美香がギロチンチョークで逆転一本勝ち、ケイト・ロータスとの“新旧美女対決”制す

・【DEEP JEWELS】山崎桃子、ちびさいを狂気のパウンドで出血させて勝利「お母さんに恩返ししたい」

・【HEAT】皇治、激闘の末の延長判定負けに”勝ち”の支持多く、キックラストか継続か

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別