TOP > 試合結果個別

【DEEP JEWELS】大島沙緒里、JK・須田萌里に”電光石火”アームロックで一本勝ち!王座防衛に成功

2022/05/08(日)UP

アームロックで一本勝ちする大島

DEEP事務局
『skyticket Presents DEEP JEWELS 37~フライ級GP 2022 FINAL ROUND~』
2022年5月8日(日)東京・後楽園ホール

▼セミファイナル(第6試合)DEEP JEWELSアトム級タイトルマッチ 5分3R
〇大島沙緒里(AACC/王者)
一本 1R 2分58秒 ※アームロック
●須田萌里(SCORPION GYM/挑戦者)
※大島が王座防衛に成功

 2児の母でもある大島は、2020年1月にプロデビュー。その極めの強さを武器にわずか4戦でDEEP女子ミクロ級(44.0kg)王者のベルトを手にした。さらに昨年3月に開幕したDEEP JEWELSアトム級GPに参戦すると、6月の決勝戦で青野ひかるを破り2冠を達成。10月にはRIZINに参戦し、浅倉カンナに判定勝利している。しかし今年3月に、49kg戦で階級上のストロー級(52.2kg)ファイター・HIMEに判定負けした。

須田がハイキックを蹴り込む

 対する須田はアグレッシブな寝技が持ち味の17歳・現役高校2年生。ブラジリアン柔術で多数の入賞実績を残し、昨年10月のデビュー戦で柔術の強豪・村上彩と善戦するも敗北。しかし、その後は連勝を続け、伸び盛りの成長を見せている。昨年12月にはRIZINにも参戦したJKストライカー・竹林愛留を腕十字で下し、さらに3月には青野ひかるにこれも腕十字で一本勝ち。5連勝でタイトルマッチへ挑む。

アームロックがガッチリと極まった

 1R、両者とも右構え。スタンドの展開で須田が顔面前蹴りをヒット。大島が組み付きテイクダウンに成功、サイドポジションへ移行する。大島は、上を取りアームロックを狙っていく。しつこく大島は上をキープし須田の左手を取って、アームロックへ。苦しそうな表情の須田。大島は極め切ったまま、レフェリーを見てストップを訴えかけると、試合がストップ。大島が電光石火の一本勝ちを収めた。

王座防衛に成功した大島

 王座を防衛した大島は「勝って言いたいことが沢山あった。旦那(柔道選手の大島優磨)も試合があって、1回戦負けをしてしまった。私が総合格闘技を始めてから結果が出なくて、自分が格闘技を始めたせいで結果が出ないのかとか、色んな思いを抱えて会場入りしました。前回負けてしまって、天狗とかいろんなことを言われましたが、須田選手がやりたいと言ってくれたおかげで、JKに負けるわけにはいかないと思って頑張ってやってきました。これから格闘技を続けられるかも問題になってきちゃったのですが、とりあえず勝てて勝ったです。体は小さいけど、49kgで戦って皆さんに勇気を与えられるように頑張ります」と涙ながらに語った。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【DEEP JEWELS】5.8 全試合 結果 速報(中井りん・杉山しずか出場フライ級GP決勝ほか)

・【DEEP JEWELS】長野美香がギロチンチョークで逆転一本勝ち、ケイト・ロータスとの“新旧美女対決”制す

・【DEEP JEWELS】中井りんが圧巻の腕十字一本勝ち、盤石の強さで杉山しずかとの決勝へ

・【DEEP JEWELS】東よう子、KINGレイナを撃破し王座戴冠!タックル&打撃で封じ込め完封

・【テレビ・配信】5.8 カネロが無敗王者ビボルの王座に挑戦『WBAライトヘビー級タイトルマッチ』生中継・放送情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別