TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【ONE】青木真也がグラップリングでの再起戦で勝利ならず、19歳の超新星ルオトロがアクロバティック技を披露

2022/05/20(金)UP

青木を上から攻めるルオトロ©️ONE

ONE Championship
『ONE 157: PETCHMORAKOT VS VIENOT』
2022年5月20日(金・日本時間)シンガポール・インドアスタジアム
▼ライト級 サブミッショングラップリング
●青木 真也(日本)
ジャッジ裁定
○ケイド・ルオトロ(米国)

金網を蹴って回転しながら青木を引き込むルオトロ©️ONE

 1ラウンド10分、打撃無しのグラップリングマッチ。青木は今年3月の10周年記念大会『ONE:X』で秋山成勲との因縁マッチで2Rに衝撃的なTKO負けを喫し、わずか2ヶ月足らずでグラップリングマッチでの再起戦に挑む。

 対するルオトロはブラジリアン柔術界で注目を集めている超新星・双子のルオトロ兄弟。IBJJF主催の柔術世界選手権(ムンジアル)では、ジュベニウと茶帯で優勝しており、EBI、Grapplefest、WNOでもタイトルを獲得している19歳の逸材だ。

得意のバギーチョークを青木に仕掛ける©️ONE

 試合開始後、互いに低い構えからタックルのフェイントを見せるルオトロ。青木はケージを背負ってルオトロを受ける形で組むが、ルオトロはすぐに離れあまり深入りしない。するとルオトロはアンクルピックを逃げて青木が背を向けた瞬間、すかさずバックへ組み付いてグラウンドに引き込む。

 しかし青木は抜け出すと向き直って立ち上がることに成功。ルオトロは青木をケージに押し付け、ムエタイの首相撲のように青木の頭を両手で下げようとする。脇を差してきたルオトロに青木はかんぬきの形で肘の関節も狙うがルオトロは腕を抜く。

清々しい表情を見せる青木©️ONE

 するとルオトロは飛びついて引き込みながら、金網を蹴った勢いで回転しバックへ回る。グラウンドに引き込み四の字フックを組んでチョークを狙うルオトロ。青木は落ち着いてしのぎ向き直ろうとするが、ルオトロはポジションをキープし続ける。

 バックフックを解いて、亀の状態の青木にギロチンを狙うルオトロ。これが入らないと見るやルオトロは柔術技のベリンボロや、足もとに滑り込む今成ロールも見せ、トリッキーな攻めを次々と見せる。しかし青木は付き合わない。
 するとここで消極的ということで青木にイエローカード。再開後、ルオトロは引き込むと、下から足を組んで絞める得意のバギーチョーク!片足をセットアップするがもう片足を青木は組ませない。ルオトロがチョークを狙ったまま試合終了。

 判定となり、アグレッシブに攻めたルオトロが勝利を挙げた。極め切れなかったルオトロは不服そうな表情を見せたが、対照的に青木は清々しい笑顔で勝者を称えた。

▶︎次ページは【動画】金網を蹴って回転!超新星ルオトロがアクロバティックな技で青木からバックを奪う

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【ONE】5.20 全結果 結果 速報=青木真也、内藤大樹、ロッタン出場

・【テレビ・配信】5.20『ONE』青木真也、内藤大樹ら出場=生中継・放送・配信情報

・【ONE】青木真也が仕上がった身体で計量パス!本日、超新星ルオトロ相手に復活勝利なるか

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 新着情報 > 試合結果個別