TOP > 試合結果個別

【ONE】絶対王者ペットモラコットがV3達成!フランス強豪ビエノットからダウン奪い判定勝利

2022/05/21(土)UP

蹴りを放つペットモラコット©️ONE

ONE Championship
『ONE 157: PETCHMORAKOT VS VIENOT』
2022年5月20日(金・日本時間)シンガポール・インドアスタジアム
▼メインイベント フェザー級ムエタイ世界タイトルマッチ
〇ペットモラコット・ペッティンディー (タイ)
判定2-1
●ジミー・ビエノット(フランス)

打ち合う両者©️ONE

 ペットモラコットはルンピニースタジアムで2階級を制覇した実力者。20年9月にマグナス・アンダーソンをKOで下し、2度目の防衛に成功した。今回ONEでは1年8ヶ月振りの復帰戦となるが、その間はボクシングマッチやムエタイの試合をタイ国内で行い6戦全勝とその強さに陰りはない。

 対するビエノはフランス出身のファイター。4歳から柔道を始め、その後13歳で立ち技に転向。タイへ渡り16歳にしてプロデビューを飾ると21歳で世界プロムエタイ連盟(WPMF)のベルトを獲得。そして2019年にはタイ人以外で史上4人目となるルンピニー王者となった。今回がONE初参戦となる。

キックを打つビエノット©️ONE

 1R、共にサウスポーかつ背筋を伸ばした高い構え。鋭いローから左ストレートはビエノット。ペットモラコットの蹴り足を掴んでこかす。ペットモラコットはローや左フックを打っていくがビエノットの攻撃を受ける場面が多い。

 2R、強いローはペットモラコット、しかしビエノットはその蹴り足を掴んで何度もこかす。右インロー、左アウトローを散らすビエノット。プラジャンチャイはローをもらいつつ距離を詰めていき、パンチを狙う。

 3Rもビエノットはペットモラコットのミドルを掴んでこかす。詰めて首相撲に来るペットモラコット、しかしビエノットも自ら組みに行き応戦する。パンチで前へ出て首相撲に持ち込むペットモラコットに、ビエノットは下がって距離を保つ。

ペットモラコットが防衛に成功©️ONE

 4R、すぐに組んでくるペットモラコット。するとビエノットのハイキックをスウェーして、ペットモラコットが戻り際に右フック。これがヒットしビエノットがダウン。立ったビエノットを相手にペットモラコットは攻め急がない。距離を取ってパンチを飛ばすがやや流している印象。

 5R、ビエノットのローが当たるがペットモラコットも左フックを当てる。ロー、ミドルを連発で当てるビエノット。ペットモラコットはワンツーを飛ばして前へ出るが疲れたかあまりパンチに力がない。ローを出し続けるビエノット。ペットモラコットはほとんど手が出ない。そのままゴングとなり試合終了。判定は両者に1票ずつ入り、最後の1票はペットモラコット。スプリット判定の接戦となりながらも3度目の防衛に成功した。

●編集部オススメ

・【ONE】5.20 全結果 結果 速報=青木真也、内藤大樹、ロッタン出場

・【ONE】王者ペットモラコットがTKO勝利で2度目の防衛成功、イシゲ・リカは痛恨の3連敗

・【ONE】ペットモラコットがヨードセングライの距離を封じ初防衛に成功

・【ONE】ペットモラコットがムエタイ技を駆使し勝利、ジョルジオ・ペトロシアンは準々決勝で姿消す

・【ムエマラソン】本命ペットモラコットがKO勝ちで優勝、2連覇達成

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別