TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【UFC】プロハースカ、大逆転“一本勝ち”で悲願の新王者に!RIZIN王者では初

2022/06/12(日)UP

大激闘の末、プロハースカが悲願のUFC新王者に!©️UFC

WME-IMG
『UFC 275』
2022年6月12日(日本時間)シンガポール・インドア・スタジアム

▼ライトヘビー級タイトルマッチ
●グローバー・テイシェイラ(ブラジル)
一本 5R 4分32秒  ※リアネイキッドチョーク
〇イリー・プロハースカ(チェコ)
※プロハースカが新王座に就く。

【動画】プロハースカ、残り30秒、逆転の一本勝ちをした衝撃的な瞬間!

 テイシェイラは修斗南米大陸ヘビー級王者の実績を持ち、オールラウンダーながら破壊力ある打撃が武器。昨年10月に当時王者のヤン・ブラホビッチに一本勝ちして、ベルトを巻いた。

 対するプロハースカは、RIZINのリングで10勝のうち実に8勝が1R KOの決定力を誇り、19年4月に初代RIZINライトヘビー級王座を戴冠。20年7月にUFCでデビューを果たし、2連続KO勝利でタイトル挑戦権を掴んだ。

 1R、テイシェイラが足を掴みテイクダウンに2度成功し、上からヒジ打ちを落とす。テイシェイラの下からの腕十字を外したプロハースカは、パウンドを見舞う。

 2Rにはテイシェイラがテイクダウンを奪うと、強烈なヒジ打ちで、プロハースカの目尻をカットさせる。プロハースカは積極的に打撃で攻めるも、試合運びでテイシェイラが上回る展開に。

 3R、プロハースカが左右のフック、ストレートをヒットさせて、押し倒して上になると、左のパウンドを連打。しかし、テイシェイラも上を取り返して、上からヒジ打ちとパウンドで応戦する。

 4R、テイシェイラが左ボディフックから、タックルを仕掛けてテイクダウン、肩固めへ。エスケープしたプロハースカは上を取り返しパウンドを連打。一進一退の攻防を展開する。

 最終5R、テイシェイラが強烈な右ストレート、ふらつくプロハースカに対して、ギロチンチョーク!しかし、プロハースカはすぐに頭を抜きピンチを凌ぐ。
 スタンドの展開、飛び込んでの左フックからテイシェイラが両足タックルへ。テイシェイラがしつこくテイクダウンを狙い、マウントを取るが、ここでもプロハースカが返して、上からリアネイキッドチョーク。足はロックしない形であったが、これにテイシェイラがタップアウトし、プロハースカが鮮烈な一本勝ちを収めた。

 公開されたジャッジペーパーでは、4Rまでの判定は2者がテイシェイラに付けていた。プロハースカが大逆転勝利を収めた形だ。

 プロハースカは「何も考えずに試合が出来ましたし、いい試合が出来た。もっと強くなって戻ってきます。試合前、1R、5Rどこででもフィニッシュ出来ればと思っていました。最高で本当に嬉しい」と、悲願の王座獲得に喜んだ。

 RIZIN王者として、初の快挙を達成したプロハースカ。次の対戦相手は誰か。

▶︎次ページは【動画】プロハースカ、残り30秒、逆転の一本勝ちをした衝撃的な瞬間!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・6.12『UFC』全試合 結果 速報(テイシェイラvsプロハースカほか)

・【UFC】元RIZIN王者プロハースカ、悲願のタイトル戦に“新スタイル”で挑む「危険なテクニック身につけた」=6.12

・【UFC】元女王対決は中国ウェイリーがバックブローで一撃KO!敗れたヨアンナは現役引退を宣言

・【UFC】マクレガーのスネが折れた! 立ち上がれずドクターストップでポイエーにTKO負け=試合結果速報(RESULTS : McGregor vs. Poirier)

・【UFC】“マウスピース吹き飛ぶ”豪打炸裂!2m長身“空手家”ボルコフが復活のKO勝利

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 新着情報 > 試合結果個別