TOP > 試合結果個別

【THE MATCH】山下力也のハイキックは不発、カリミアンが判定勝ち

2022/06/19(日)UP

強烈なパンチを打ち込むカリミアン

THE MATCH 2022 制作実行委員会
『Yogibo presents THE MATCH 2022』
2022619日(日)東京ドーム
▼第7試合 -100.0kg契約 3分3R 延長1R
●山下力也(道真会館/元ACCELヘビー級王者)
判定03 ※2829、28-30×2
〇シナ・カリミアン(POWER OF DREAM)

蹴りで攻める山下

 空手出身の山下とK-1クルーザー級王者のカリミアンが激突。山下は、愛媛の道真会館所属の空手家で、フルコンタクト空手で活躍。 キックボクシングでは、第9代MA日本キックボクシング連盟ヘビー級、第5代ACCELヘビー級王者となっている。 今年2月にはACCELヘビー級王者・ジャイロ楠をわずか100秒でKOしている。

 対するカリミアンは、18年に初代K-1クルーザー級王座決定トーナメントで優勝し、K-1WORLD GPクルーザー級王座を戴冠。 20年にK-JeeにKO負けして王座を失ったが、昨年3月にK-Jeeにリベンジし、王者に返り咲いた。 同9月に京太郎に判定勝利して以来の試合となる。

 会見で山下が「相手は(身長が)2mなので、ハイキックで倒そうかなと思っています」とKO予告すると、カリミアンが「冗談だろ」と返して話題になった。

ヒザ蹴りを繰り出すカリミアン

 1R、山下が長身のカリミアンと並ぶと会場がどよめく。その身長差は25cmだ。試合が始まると、カリミアンはローキックからヒザ蹴り。前蹴り、右フック、ヒザ蹴りの怒涛の攻撃を見せるカリミアン。だが山下は、ローキックを蹴っていく。カリミアンは右フック。山下は左右のローキック。バックブローのカリミアン。山下は左ローキックを何回もヒットする。苦笑するカリミアンは、左右のフックからヒザ蹴り。山下はガードをしながらローキックを蹴っていった。

 2R、山下はローキックを狙う。カリミアンはヒザ蹴り。山下は怯まずにローキックを連発。ガードを固めて前へ出る山下はローキック。カリミアンはフックを放つも、山下は突進を止めない。カリミアンはパンチからヒザ蹴り。山下は左ローキック、さらにパンチを打ちながら左ローキック。

カリミアンが判定勝利

 3R、カリミアンはローキックをインとアウトに蹴り分ける。山下は前へ出て、ローキックを放ちバランスを崩す。近づくとフックを打ち合う両者。バックブローでKOを狙うカリミアンだが、ヒジの部分が当たり注意を受ける。山下は左ハイキック。これはカリミアンがよけると、バックブローがまともに当たり会場が沸く。二段ヒザ蹴りを見せるカリミアン。最後まで立ち続けた山下。判定は3-0でカリミアン。山下の健闘も光った。

※この試合はABEMA PPVで配信中(6月19日11:00~6月25日23:59)

●編集部オススメ

・【THE MATCH】6.19 那須川天心vs武尊 全試合 結果 速報

・【テレビ・配信】6.19 天心vs武尊は何時から?無料放送、地上波は?『THE MATCH 2022』生中継・配信情報

・[その日の試合]サッタリ初回KOに場内爆発!内田雄大を左フックで豪快になぎ倒す

・【THE MATCH】K-1王者のシナ・カリミアン、”空手家”山下力也のハイキックKO宣言に「冗談にしか聞こえない」

・武尊、引退表明の武藤敬司と病院で遭遇「運命的なバトン渡し」の声も

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別