TOP > 試合結果個別

【K-1】“空手&ムエタイのハイブリッド戦士”ケイト、KAIを懐に入れず判定勝利

2022/06/25(土)UP

キックで攻めるケイト

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2022 JAPAN ~RING OF VENUS~』
2022年6月25日(土)東京・国立代々木競技場 第二体育館
▼第4試合/K-1女子ミニマム級/3分3R・延長1R
○ケイト・ウィラサクレック(WSRフェアテックス三ノ輪)
判定3-0 ※30-28×2、30-27
●KAI(ファイティスジムMSC)

パンチを打ち込むKAI

 ケイトはベラルーシとのハーフで、3歳から13年学んだ極真空手で多数の優勝・入賞歴を持つ。キックボクシングは2019年7月から始め、翌20年10月にプロデビュー、ここまで5戦3勝2敗の戦績で、昨年12月にはMARIを破りM-1 JAPAN女子ライトフライ級王者に輝いた。

 対するKAIはこれまでKrushで2戦を行っているが、いずれも判定負け。白星を得られておらず今回は「筋力をつけてきたので、女子らしからぬKOで倒すところを見てほしい」とK-1グループ初勝利を目指す。MMA、柔術など豊富な格闘技経験を持つ。

パンチを振るうケイト

 1R、166cmと158cmのKAIに身長で8cm上回るケイトは鋭いジャブと右ストレート、前蹴りを決める。MMAの経験を持つKAIはステップで間合いを詰めんとするが、ケイトに阻まれ上手くいかない。

 2R、ケイトは距離を掌握し、KAIを近づかせずに右のハイ、ミドルキックと打ちつける。懐に入れないKAIは右ローを当てていく。しかしそこへケイトは右ストレート、前蹴りとヒットを重ねる。

ケイト(左)が判定勝利

 3R、不利と見たかKAIは圧力を増してローと左フック。ケイトはしかしジャブ、右ストレート、右ハイとやはり距離を保つ。ジャブ、ストレート、前蹴りでKAIを懐に入れずケイトは試合を終える。

 判定3-0(30-2830-2730-28)のフルマークでケイトが快勝した。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・『K-1』6.25 女子大会「RING OF VENUS」全試合 結果 速報

・【テレビ・配信】6.25 K-1女子大会『RING OF VENUS』KANA防衛戦、菅原美優・MIOら参戦=生中継、放送、配信情報

・【K-1】菅原美優、”きゅんな水着”の計量に見た筋肉アップ!王座獲得なるか

・【K-1】”スラリ長い脚”今年のK-1ガールズ8名が本日初登場!生配信も

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別