TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【K-1】菅原美優、延長判定2-1で王座届かず、反則の肘で出血も…ムエタイ強豪パヤーフォンがK-1初代アトム級王者に

2022/06/25(土)UP

期待されたKrush王者・菅原美優(左)だったが、延長2-1で敗退

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2022 JAPAN ~RING OF VENUS~』
2022年6月25日(土)東京・国立代々木競技場 第二体育館

▼第16試合/K-1 WORLD GP初代女子アトム級王座決定トーナメント・決勝戦/3分3R・延長1R
◯パヤーフォン・アユタヤファイトジム(タイ/Ayothaya Fight Gym)
延長判定2-1
●菅原美優(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)
※パヤーフォンが新王者に

リーチある蹴りを見舞う菅原

 Krush女子アトム級現役王者の菅原は、この王座を目指し肉体改造、ボクシングトレーニングも加え決勝に挑む。準決勝では松谷綺と競り合いの2-0で勝利、この決勝で更なるパフォーマンスを出すことができるか。
 対するパヤーフォンは戦績70戦を超え、19年にはWPMF世界女子ピン級王座を獲得した。同年10月には高梨knuckle美穂の持つKrush女子アトム級王座に挑戦したが、激闘の末に延長戦で惜しくも敗北。今回の準決勝で元SB王者のMIOを判定で下して勝ち上がってきた。

パヤーフォンのショートの右が菅原の顔面を捉える

 1R、菅原は得意とする前蹴りからパンチを出す。長身の菅原に左ミドルを当てにくそうにするパヤーフォン。菅原が顔面前蹴りを当てれば、パヤーフォンは接近戦で右フックを当て返す。だが菅原が右ストレートでとらえ初回を終える。

 2R、菅原は長身と前蹴りでパヤーフォンを入らせず、強引に入ってきてもカウンターの右ストレート。続けて左フックもパヤーフォンに当てる。接近戦でヒザを放つパヤーフォンに菅原は右ストレートを送って対抗する。

相手の反則の肘で流血する菅原美優

 3R、左ミドルのパヤーフォンに菅原はパンチで応戦。パヤーフォンはバックブローを出すと、肘が菅原の眉間に当たり出血をしドクターチェックとなる。
 再開。パヤーフォンは前蹴りから右ストレートをヒット。菅原も前に出てパヤーフォンを押していくがバッティングとなってしまい再び中断となる。パヤーフォンは右ストレート、ヒザ、右ストレートと打ち込み試合を終える。

 判定はパヤーフォン1-0も規定に達せずドロー。延長戦に突入となる。

勝利のパヤーフォン

 延長で前に出る菅原だがパヤーフォンがムエタイの体さばきでいなし、菅原をコカす場面も見せる。接近戦でヒザを蹴り込むパヤーフォンだがホールディングの注意を受ける。菅原は顔面前蹴りをヒット。パヤーフォンはヒザを入れるが、ホールディングで今度は警告を受ける。

 判定は両者1-1と割れた後、最後の1者はパヤーフォンに。K-1初代アトム級王者となった。

※全試合結果はこちら

▶︎次のページは【フォト&動画】菅原の蹴り、パヤーフォンはパンチで菅原を攻める熱い激闘!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・『K-1』6.25 女子大会「RING OF VENUS」全試合 結果 速報

・菅原美優、”きゅんな水着”の計量に見た筋肉アップ!王座獲得なるか

・[準決勝]菅原美優、松谷綺に苦戦も判定で初戦突破!パヤーフォンとの決勝へ

・[準決勝]MIOがまさかの初戦敗退!ムエタイ強豪パヤーフォンの蹴りに封じられる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 新着情報 > 試合結果個別