TOP > 試合結果個別

【K-1】”流血マドンナ”鈴木万李弥、豪快フックで櫻井梨華子に圧勝!ボクシングテクニックが進化

2022/06/25(土)UP

豪快なフックを叩き込む鈴木

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2022 JAPAN ~RING OF VENUS~』
2022年6月25日(土)東京・国立代々木競技場 第二体育館

▼第11試合/K-1女子フライ級/3分3R・延長1R
●櫻井梨華子(優弥道場)
判定0-3 ※三者とも28-30
○鈴木万李弥(志村道場)

パンチを打つ櫻井

 櫻井は、山本優弥が率いる優弥道場所属のファイターで、21年9月にK-1初参戦で壽美と好勝負を演じている。ダンスも並行して取り組み、前日会見では「リングで踊りたい」という通り、その戦い方に注目が集まる。

 対する”流血のマドンナ”こと鈴木は、今年3月にKrush初参戦し真優に判定勝利。5月にはホームリングHEATで小澤聡子に判定勝利し、K-1の大舞台に進出。

ミドルキックを蹴り込む鈴木

 1R、両者オーソドックス。鈴木が左ジャブで牽制、櫻井は右ローを蹴る。ステップを踏む櫻井は、右ローから右フック。ワンツーを見舞う鈴木は、一気に左フックで飛び込む。

 2Rになると、櫻井のステップに対して、鈴木は右のパンチで前に出る。鈴木は右フックを顔面に強打、櫻井の前進を前蹴りで突き放す。鈴木が強烈な左フックをクリーンヒット。鈴木がパンチで追い討ちをかけて、好印象を残す。

鈴木が進化を見せて勝利

 3R、前に出る櫻井に、鈴木は左の前蹴りや左ミドルを放つ。櫻井はステップを踏みながら、飛び込んでのフックを放つ。だが、鈴木が前に出て左右のフック、ストレートで攻め続ける。櫻井も立ち続けるが、鈴木が左のジャブ、フックを的確にヒット。終盤、鈴木は重い左フックを見舞っていった。

 2R以降、得意な打ち合いでペースを掴んだ鈴木が3-0の判定で勝利。最近でボクシングジムにも通う鈴木が、パワーと的確なヒット数で進化を見せた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【K-1】”流血のマドンナ”鈴木万李弥が計量パス「倒すか倒されるか」櫻井梨華子は”ダンススタイル”の戦い見せる

・『K-1』6.25 女子大会「RING OF VENUS」全試合 結果 速報

・【K-1】真優、グリーンビキニで笑顔の計量パス「ぶっ飛ばす。倒せる力ある」

・【K-1】菅原美優、松谷綺に苦戦も判定で初戦突破!パヤーフォンとの決勝へ

・【K-1】”スラリ長い脚”今年のK-1ガールズ8名が本日初登場!生配信も

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別