TOP > 試合結果個別

【シュートボクシング】坂本優起がマウンテンRYUGOに判定負け

2022/06/26(日)UP

RYUGO(左)は坂本(右)を攻略した

シュートボクシング協会
『SHOOT BOXING 2022 act.3』
2022年6月26日(日)東京・後楽園ホール
▼第3試合 SB日本ヘビー級 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限
●坂本優起(シーザージム/SB日本ヘビー級2位、前SB日本スーパーウェルター級王者)
判定0-3 28-3027-30×2
〇マウンテンRYUGO(TenCloverGym)

坂本(右)はボディへ攻撃

 SB日本ヘビー級2位・坂本優起とマウンテンRYUGOが激突。坂本はスーパーウェルター級からヘビー級へ転向後、SBでは6戦無敗を誇る。対するマウンテンは地元の団体・静岡KICKを主戦場に活躍し、今年2月の『RIZIN TRIGGER 2nd』では笹田勝俊にTKO勝利している。

 1R、坂本は右フックで襲い掛かる。RYUGOは、ディフェンスを固める。さらに坂本は、右、左とフックを振り回していく。防御に回っていたRYUGOだが、バックドロップで2ポイントを奪うと動きが良くなり、ローキックからパンチで崩していった。 

RYUGOのうまさが光る試合だった

 2R、勢いのあるRYUGOはローキックで崩しにかかる。動きが止まった坂本だが、逆にローキックを返していくとRYUGOの動きが止まる。一発、二発、三発とローキックをカーフと太ももに蹴り分ける。だがRYUGOが息を吹き返してミドルキックを放ったところでラウンド終了。

 3R、両者ともに疲労は大きそうだが、RYUGOは前へ出てパンチからヒザ蹴りでボディを狙う。坂本は右フックで逆転の一発を狙うが、これは当たらない。RYUGOは最後まで攻め続け、試合終了。判定は3-0でRYUGOが勝者となった。

●編集部オススメ

・【シュートボクシング】6.26 全試合結果

・シーザー武志の次男・村田義光と奥山貴大が王座決定戦、イモト・ボルケーノvs松山翔、坂本優起vsマウンテンRYUGOも決定=6.26

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別