TOP > 試合結果個別

【シュートボクシング】村田聖明が右フックで豪快KO!ムエタイ強豪プーパンレックを沈める

2022/06/26(日)UP

右フックでプーパンレック(左)をKOした村田(右)

シュートボクシング協会
『SHOOT BOXING 2022 act.3』
2022年6月26日(日)東京・後楽園ホール

▼第4試合 66.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
〇村田聖明(シーザージム/SB日本スーパーライト級1位、元SB日本スーパーフェザー級王者)
KO 2R 2分06秒 ※右フック
●プーパンレック・ジョウジム(タイ/WMCインターコンチネンタル ミドル級王者)

 村田はSBの創始者であるシーザー武志の長男で、第13代SB日本スーパーフェザー級王者。昨年12月のSB日本スーパーライト級王座決定戦でイモト・ボルケーノに敗れ、王座戴冠に失敗。今年4月のリュウイチ戦で打ち合いを制し、判定勝利で再起戦を飾った。

プーパンレックは右フックで攻めていった

 対するプーパンレックはムエタイ仕込みの右ミドルとタフさを武器に、日本国内で活躍。19年6月にWMCインターコンチネンタルミドル級王座を獲得。元蹴拳スーパーミドル級王者の肩書きも持つムエタイ強豪だ。

 1R、村田はジリジリと近づき、コーナーつめてボディブロー。プーパンレックはミドルキックを返すが、村田はブロック。プーパンレックはオーバーハンドのフックを振り回して会場がわく。村田は右ボディ、右フックで攻め続ける。ラウンド終了間際、プーパンレックは右フックでダウンを喫した。

プーパンレックを料理した村田

 2R、村田はラウンド開始とともに、左右のフックで追い込んでいく。プーパンレックは右フックを振り回すが空振りに終わる。すると村田は右フックをヒットして、プーパンレックがダウン。立ち上がったプーパンレックだが、フラフラとなったところで村田のKOが決まった。

●編集部オススメ

・【シュートボクシング】6.26 全試合結果

・“シーザー武志の長男”村田聖明がタイ強豪のプーパンレックと激突!=6.26

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別