TOP > 試合結果個別

【シュートボクシング】王者イモト・ボルケーノが松山翔にTKO勝利、華麗なジャーマンも決める

2022/06/26(日)UP

イモトは見事なジャーマンスープレックスを松山に決めた

シュートボクシング協会
『SHOOT BOXING 2022 act.3』
2022年6月26日(日)東京・後楽園ホール

▼第7試合 67.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限
〇イモト・ボルケーノ(グラップリングシュートボクサーズ/SB日本スーパーライト級王者)
TKO 3R 2分27秒 ※レフェリーストップ
●松山翔(菅原道場)

 イモトは昨年12月のSB日本スーパーライト級王座決定戦にて、元SB日本スーパーフェザー級王者・村田聖明との大接戦を制し王座を獲得。今年3月には元J-NETWORKスーパーウェルター級王者・森本一陽に勝利し現在4連勝中と波に乗る。 

鋭い蹴りを入れていくイモト(左)

 対する松山は、今大会のメインイベントに出場するバズーカ巧樹と同じ菅原道場所属で、バチバチの打ち合いを得意とする選手だ。

 1R、イモトはジリジリとプレッシャーをかけて右フック。松山はローキック。イモトはバックに回るとジャーマンスープレックス。これが決まり、シュートポイント2を獲得。さらにイモトは、右フックをダウンを奪い、大きくリードした。

松山は最後まで諦めずにパンチを打っていった

 2R、イモトはボディブロー、三日月蹴りと松山のボディを狙う。松山はフラフラになりながらも、ローキック、さらにフックを振り回すとイモトが数発被弾。イモトは組みついて立ち肩固め。これは極まらなかったが、危機は脱出した。

 3R、松山は右フック。イモトはボディを攻撃するも、松山は突進を止めない。ダメージを受けながらも、突進する松山。さすがにイモトでも、攻め疲れが見えてきた直後、左ハイキック入りダウン。立ち上がった松山に、イモトは猛攻を仕掛け、さらにダウンを奪う。またしても立ち上がる松山だが、フラフラとなるとレフェリーが試合をストップした。

 イモトはマイクを握ると「6月19日が父の日、20日が母の誕生日、30日が父の誕生日。こんなんでプレゼントいいですか。これからも強くなるんで、よろしくお願いします」とコメントした。

●編集部オススメ

・【シュートボクシング】6.26 全試合結果

・シーザー武志の次男・村田義光と奥山貴大が王座決定戦、イモト・ボルケーノvs松山翔、坂本優起vsマウンテンRYUGOも決定=6.26

・”美腹筋”計量パスのMISAKI、本日決戦に「今の私はめちゃくちゃ強い」修斗・中村未来と対戦

・前日計量で”マッスル共演”王者 笠原弘希にKO王者バズーカ巧樹が”SB狩り”宣言=6.26後楽園

・”メロンバスト”で美ボディの朝日ななみ、キックと体幹トレーニングに励む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別