TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【RIZIN】山本美憂が悔しい1-2の判定負け、大島沙緒里が接戦を制す

2022/07/02(土)UP

大島(右)は打撃、グラップリングでも山本と互角以上にわたり合い競り勝った

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『RIZIN.36』
2022年7月2日(土)沖縄アリーナ
▼セミファイナル(第12試合) RIZIN MMAルール(49.0kg):5分3R
●山本美憂(KRAZY BEE / SPIKE22)
判定1-2
○大島沙緒里(AACC)

【フォト】山本美憂のパンチ、大島はハイキックをヒット!前日計量も

 山本は世界選手権優勝などレスリングで輝かしい実績を残し、MMAではRENA、長野美香、浅倉カンナら強豪選手と戦ってきた。20年大晦日には浜崎朱加と女子スーパーアトム級のベルトを懸け対戦したが一本負け。21年11月にはRENAとの再戦でTKO負けを喫している。今回は19年大晦日以来の勝ち星を目指す。

山本のパンチがヒット!

 柔道出身の大島は20年にデビュー後、極めの強さを武器にDEEP女子ミクロ級(44.0kg)、DEEP JEWELS女子アトム級(47.6kg)の2冠を達成。昨年10月にはRIZINに参戦し浅倉カンナに判定勝利。5月には JEWELSアトム級王座の防衛戦で須田萌里に一本勝ち。2児の母でもある。

 1R、大島は柔道の足技でテイクダウンを狙うが、山本が体の強さを見せ上になる。パウンドを入れる山本だが、大島がスイープで返して上となる。山本が逃げてきても大島は対応してマウントポジションに。山本は動いてここから逃れて大島を下にして初回を終える。

大島が寝技で返し技

 2Rは両者打撃戦。ミドル、ローの大島に対し山本は左ストレートを当てる。大島のミドルをキャッチして倒しても、山本は警戒してグラウンドは追っていかない。大島が再度足技でテイクダウンを狙っても山本が再び上を取る。2Rも山本がパウンドを入れて終える。

 3Rも山本はストレートを伸ばし、大島が蹴りを取られて倒れても、やはり寝技には付き合わない。蹴りの大島に対し、山本はパンチで応戦。大島のバックブローをかわして山本はグラウンドに持ち込み、3Rも細かなパウンドを入れて終了を迎える。

勝利した大島、夫、子供と

 判定は2-1で割れたが大島。接戦を制した大島は自身がMMAに進むきっかけとなった同門・本野美樹のRIZIN参戦をアピール。「本野と一緒にRIZINに出て活躍することが今の私の目標です。私自身も頑張るので、みなさん応援お願いします」とマイクを締めた。

▶︎次ページは【フォト】山本美憂のパンチ、大島はハイキックをヒット!前日計量も

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【RIZIN】7.2 全試合 結果 速報(鈴木博昭vs平本蓮、山本美憂vs大島沙緒里ほか)ライジン 試合結果

・『テレビ・配信』7.2「RIZIN.36」鈴木博昭vs平本蓮、山本美憂vs大島沙緒里ほかTV放送・ネット配信・生中継情報

・【RIZIN】山本美憂の47歳のバキバキ美ボディが話題、本日2年半ぶり勝利なるか

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 新着情報 > 試合結果個別