TOP > 試合結果個別

【RIZIN】砂辺光久が初回TKO負け、中務修良のパンチ連打でレフリーストップ

2022/07/02(土)UP

砂辺が前のめりにダウン©️RIZIN

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『RIZIN.36』
2022年7月2日(土)沖縄アリーナ
▼第11試合 RIZIN MMAルール(54.0kg):5分3R
●砂辺光久(reversal Gym OKINAWA CROSS×LINE)
TKO 1R140 ※スタンドパンチ→レフェリーストップ
〇中務修良(NO MAD)

勝利した中務

 砂辺は、2009年6月に初代フライ級、2012年11月に初代スーパーフライ級、2015年11月に初代ストロー級キング・オブ・パンクラシストのタイトルを獲得。昨年11月のRIZIN沖縄大会では、前田吉朗に惜しくも判定負け。沖縄大会には2大会連続参戦となる。

 中務は、ボクシングとレスリングで培った技術をバックボーンにアマチュア大会で、SAW全国関節道選手権-60kg級優勝、無差別級準優勝を飾るなど好成績を残すと、18年にプロデビュー。デビュー後は、7勝の全てを2KOと5つの一本で決めてきた。今年4月にはRIZIN TRIGGERで征矢貴にKO負けを喫している。

 1R、中務はローキック、ミドルキックからシングルレッグに入る。これを砂辺は切って対応。砂辺は右ローキック。中務はダブルレッグでテイクダウンに成功。コーナーへ背にする砂は、立ち上がろうとするが、ここで中務の左ヒザ蹴りが入る。棒立ちになる砂辺に、中務が右、左とパンチを打っていくとレフェリーが試合を止めた。

 中務は感謝の言葉を伝え「砂辺選手は強かったんで、怖かったです。応援してくれている、みなさんのおかげで勝つことができました。泣いてすみません。これからも勝っていきます」と泣きながら挨拶した。

▶︎次ページは【フォト&動画】中務の連打で、砂辺が棒立ち、レフェリーストップに!

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【RIZIN】7.2 全試合 結果 速報(鈴木博昭vs平本蓮、山本美憂vs大島沙緒里ほか)ライジン 試合結果

・『テレビ・配信』7.2「RIZIN.36」鈴木博昭vs平本蓮、山本美憂vs大島沙緒里ほかTV放送・ネット配信・生中継情報

・【RIZIN】鈴木博昭vs平本蓮、山本美憂や急遽参戦の昇侍ら全選手が計量パス=7.2沖縄大会

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別