TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【UFC】王者ヴォルカノフスキーがV4!因縁ホロウェイとの3度目の対戦を完勝

2022/07/03(日)UP

王者ヴォルカノフスキーがホロウェイを圧倒©️UFC

WME-IMG
『UFC 276』
2022年7月3日(日・日本時間)米ネバダ州ラスベガス
▼フェザー級タイトルマッチ
○アレキサンダー・ヴォルカノフスキー(オーストラリア)
判定3-0 ※三者とも50-45
●マックス・ホロウェイ(米国)
※王者ヴォルカノフスキーが4度目の防衛に成功

 ヴォルカノフスキーはオーストラリア人初のUFC王者。19年12月のタイトル戦で当時王者だったホロウェイを判定で下し、王座を戴冠。翌年のダイレクトリマッチでも勝利し、ホロウェイとは2度対戦し全て勝利している。今年4月の前戦で、ジョン・チャンソンをTKOで下し、3度目の防衛に成功した。

 対するホロウェイは元同級王者で現在同級1位。20年7月にヴォルカノフスキーに連敗を喫した後からは2連勝と勢いづいている。3度目の対戦で勝利となるのか。

 1R、前蹴りで圧力をかけるホロウェイに対し、ジャブを放ちカウンター狙いのヴォルカノフスキー。ヴォルカノフスキーが時折、素早い突進でパンチを共振。後半、ヴォルカノフスキーの左が当たり始めるが、ホロウェイも右の打ち下ろしを当てる。ホロウェイの右頬骨あたりがカットで流血。

 2R中盤、ヴォルカノフスキーの右のオーバーハンドがヒットすると、ホロウェイの左眉がカットし流血。ヴォルカノフスキーはホロウェイのパンチの軌道を見切ったか、ホロウェイのパンチが空を切る。

 3Rと4R、ヴォルカノフスキーの突き刺すジャブにホロウェイの足が前に出ない。ホロウェイが懐に入ると、ヴォルカノフスキーのジャブ、アッパー、フックのコンビネーションが強襲。被弾し続け、顔面流血のホロウェイ、ヴォルカノフスキーは無傷な様子。

 最終5R、王者のワンサイドな試合展開も、満身創痍の状態で勝負を諦めないホロウェイ。タックルを仕掛ける場面もあったが、ヴォルカノフスキーはそれを許さない。

 判定3-0(三者共に50-45)とフルマークでヴォルカノフスキーが完勝。4度目の防衛に成功した。

▶︎次ページは【フォト】ホロウェイが顔面流血の激闘シーン、ヴォルカノフスキー強し

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・7.3『UFC』全試合 結果 速報(アデサンヤvsキャノニア、ボルカノフスキーvsホロウェイほか)

・世界大人気の“UFCラウンドガール ”アリアニー、猛暑の夏に“ヒョウ柄セクシー水着”が話題、「気絶しそう」とファン歓喜

・【素手ボクシング】わずか66秒の豪腕KO!失神相手は前のめり壮絶ダウン、最優秀KO賞に

・【RIZIN】7.2 全試合 結果 速報(鈴木博昭vs平本蓮、山本美憂vs大島沙緒里ほか)ライジン 試合結果

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 新着情報 > 試合結果個別